タイのホテル

バンコクマリオットホテル ザ スリウォン滞在記(3)朝食ビュッフェ

バンコクマリオットホテルザスリウォン の滞在記。最終日の3日目はホテルの朝食ビュッフェをゆっくり堪能しました。

マリオットホテルザスリウォンの朝食ビュッフェ

前日の朝食はクラブラウンジで食べたので、この日はメインの朝食ビュッフェで朝食を食べることに。

朝食ビュッフェは、ディナービュッフェやサンデーブランチなどが開催されている Praya Kitchen です。

席についてコーヒーを頼んだら、早速ビュッフェの内容を偵察に向かいます。

まずこちらはドリンクコーナー。フレッシュジュースだけでなく、いろいろな種類のスムージーもありました。ビーツとかヘルシー志向なものもあって嬉しい。

タイミルクティーやタイコーヒーもありました。

続いてこちらはフルーツやシリアル、コールドカットなどのコーナー

続いてこちらは、タイのお粥やヌードルをオーダーできるコーナー

インドカレーも数種類置いていました。

そしてお隣には日本食コーナーが。ちらし寿司とお蕎麦、鯖の塩焼きにお味噌汁、カレーライスまでありました。

こちらはタイの朝食の定番、パトンコーと呼ばれる揚げパンに豆乳。豆乳は、屋台のように豆などのトッピングも用意されていました。

そのほかには、スープやバナナの葉っぱに包まれた中にもち米が入っているスイーツに、揚げ物系に豚の串焼きなどなど、タイのストリートフードが充実!

タイ料理のメニューが特に充実していますが、普通の洋風メニューももちろん揃っています。ベーコンやソーセージなどをはじめ、エッグステーションで好きな卵料理をオーダーできます。

パンの種類もたくさんあって目移りしてしまいます。

そしてそして、マンゴースティッキーライスもありました。贅沢に半切れ分のマンゴーを盛ってくれているのはマンゴーラヴァーとしては胸が高鳴ります!

ということで、一通り偵察を終えたので席へ戻ります。

朝食ビュッフェで食べたもの

何やらテーブルがカップだらけに…。旦那がいろいろな飲み物を飲み比べて楽しんでおりました(笑)

私は、オムレツやクロワッサン、そして大好きなマンゴースティッキーライスを。クロワッサンにライスベリー(赤米)を使ったものがあったりと、いろんなところにタイの素材が散りばめられていました。

よく熟れたマンゴーはもちろんめっちゃおいし〜。調子に乗っておかわりまでしちゃったw

せっかくタイのストリートフードが充実しているので、タイ料理メニューもいろいろ頂きました。私、甘いココナッツ風味のもち米をバナナの葉っぱに包んでいるコレ、好きなんですよね〜。

パンにお米にスイーツにと、欲張っていろいろ食べてたらすっかりお腹がパンパンに。満腹でお部屋に戻ろうとしたら、帰り際に気の利いたサービスが。

朝食会場の出入り口付近には、 Eye Opener Drink としてショットグラスに入ったハーブドリンクと、持ち帰ることができる小分けの袋に入ったフルーツが準備されていました。

また、コーヒーもテイクアウト可能。席を立つときにスタッフの方が「持ち帰りのコーヒーはいかがですか?」と声をかけてくださいました。私は既にコーヒーやジュースを思う存分頂いた後だったのでもらいませんでしたが、朝食を食べてその後タクシーで移動する人なんかは、この ToGo のコーヒーを持って行ったりできて良いですよね。

まとめ

タイでは朝早くから多くの屋台が営業していて、みんなそれを買って職場に着いてから食べるという習慣があります。バンコクマリオットホテルザスリウォンの朝食ビュッフェは、そんなタイの朝食では定番の屋台メニューが一通り揃っており、タイらしさを感じられる内容でした。特に旅行者にはぴったりな朝食だと思いました。

この日は朝食を食べてホテル内でのんびりしてからチェックアウトし帰路につきました。

バンコクマリオットホテル ザ スリウォン滞在記はこれにて終了。(滞在記1&2は下記リンクをご覧ください)

バンコクマリオットホテル ザ スリウォン滞在記(1)

バンコクマリオットホテル ザ スリウォン滞在記(2)

私はバンコク在住ですが、こちらのホテルに滞在してとってもリフレッシュできました。ホテル内の施設はとっても充実しているし、スラウォン、サラデーン、サトーン、リバーサイド等のエリアを散策するのにも適したホテルです。BTSの駅から徒歩15分ほどと少し距離はあるものの、ホテルからは駅まで無料の送迎を利用できるので、それほど不便さは感じないと思います。

いつもはスクンビットエリアに滞在しているという人にとっては新鮮だと思うし、初めてのバンコクの方にとってもタイらしい充実したホテルライフが過ごせるのでとってもオススメです。

【ホテル情報】
バンコク・マリオット・ホテル・ザ・スリウォン
Website : www.bangkokmarriottsurawongse.com
Instagram : instagram.com/marriottsurawongse

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply