バンコク旅行記 まりこのタイ

在住者が教えるバンコク旅行ホテル選びのポイント

旅行の計画を立てる際に、重要なホテル選び。バンコク旅行をめいいっぱい楽しむためにも、立地が思ったよりも不便だった、雰囲気が好みじゃなかった、といったミスマッチは出来る限り避けたいろころ。バンコクはホテルの選択肢が豊富すぎて迷うのですが、ポイントさえ押さえておけば効率的に探せます。今回は、バンコク在住でホテルステイ好きなまりこの視点でバンコク旅行におけるホテル選びのポイントをまとめてみました。

バンコク旅行のホテルを探す前にまず決めるべき事

バンコクで何をするのか?どこの観光地をまわるのか?どのような旅のスタイルなのか?によってオススメのホテルは変わります。

具体的な旅程は決まっていなくとも、どういう旅にしたいのかという大まかな方向性は先に決めておきましょう。例えば定番観光スポットは出来る限り制覇したいとか、とにかくタイ料理とマッサージを堪能できればよしとか、気の向くままにのんびり思いつきで行動したいとかとか。。。

そして、予算によってホテルの選択肢が大きく変わってきますので、旅の方向性を決めると同時にホテルに遣う予算をどれ位にするかをまず決めましょう。

 

バンコク旅行のホテル選び 予算別特徴

予算別ホテルのカテゴリは、高級ホテル、中級ホテル、格安ホテルの大きく分けて3つ。

それぞれのざっくりとした価格範囲は次の通りです。
(価格はシーズンによって変動します。ホテル選びの際のざっくりとした目安として参考程度にご覧下さい。)

高級ホテル ラグジュアリーホテル 

マンダリンオリエンタルバンコク

バンコクにある5つ星以上のホテルは、大体一泊5000~15000バーツくらいが目安の予算です。

個人的にはせっかくバンコクに来るのであれば、ちょっといいホテルに泊まることをおすすめします。というのも、ホテル天国のバンコクは普段はなかなか手が届かない憧れのハイクラスホテルでも、日本で同レベルのホテルに泊まる際のコストと比較して半額以下のお値段で泊まれてしまう所もあるからです。しかもバンコクには高級ラグジュアリーホテルがたーっくさんあるので、あなた好みのテイストのホテルがきっと見つかると思います。ラグジュアリーホテルにも手が届く、これもバンコク旅行の魅力の一つ。

中級ホテル

ナーナー駅周辺のメルキュールホテルスクンビット11

中級ホテルは一泊2000~5000バーツくらいが目安の予算です。

日本の都会で一泊一万円以内で泊まれるホテルといったら狭苦しいビジネスホテルくらいですが、バンコクではこの価格帯であれば便利な立地で広々かつ清潔な部屋に泊まることができます。イメージとしては、日本で2、3倍の金額を出して泊まれるホテルと同等のレベルもしくはそれ以上といったところ。コスパを重要視するタイプであればこの価格帯のホテルがバランスが良くオススメです。幅広い旅行者に人気なのもこの価格帯のホテルでしょう。

格安ホテル

格安ホテルは1000~2000バーツくらいが目安の予算です。

この価格帯では小規模なホテルや交通の便に少し難がある立地の場合も多くなってきますが、それでもバンコクであれば割と立派なホテルに泊まれます。「ゲストハウスや民泊には抵抗があるからホテルに泊まりたいけどお金はかけたくない」というタイプにオススメです。

更にもっと安い宿を求めるならば、ゲストハウスという選択肢もあります。目安の予算は数百バーツ~1000バーツ位です。

バンコクはゲストハウスも個性的でオシャレかつ清潔なところが多くハイレベル。ホテルとゲストハウスの中間的なアットホームでオシャレな施設も増えてきていますので、個性派や節約派はこういったゲストハウスを捜してみるのもアリです。

 

バンコク旅行ホテル選び オススメの宿泊エリア

大体の予算が決まったら、次に考えるべきポイントは宿泊エリア。

自由行動はなしで全て旅行会社のツアーで出かける場合、交通の便は気にしなくていいですが、個人旅行で自力で観光する場合はBTSスカイトレインの駅から近いホテルがおすすめです。

バンコクのタクシーは安くて気軽に使えるものの、道に迷われたり遠回りされたり渋滞に巻き込まれたりと、在住者であってもイラっとすることが多いものです。今は Grab taxi もあって随分便利にはなりましたが場所や時間帯によっては呼んでもすぐに来てくれないことも。タクシー運転手との交渉やちょっとしたトラブルも旅の一部として楽しんで乗り越えていけるタイプの人ならいいのですが、極力面倒なトラブルは避けたいという人は基本の移動手段はBTSの電車移動がよいでしょう。

バンコク滞在中の行動範囲がどの辺りなのかによってお勧めの宿泊エリアは変わってきます。

次に、主要エリア別の特徴と、どういったタイプの方におすすめかを紹介していきたいと思います。

リバーサイドエリア

初めてのバンコク旅行であれば、私はリバーサイドのホテルをおすすめします。また、旅行中はどこへ行くか直前までなかなか決まらないけどとりあえず宿は早目に押さえておきたいというタイプにもオススメのエリアです。リバーサイドのホテルは落ち着いた雰囲気なので、ゆったりすごしたい人やカップル、家族連れなどにもいいでしょう。

リバーサイドにある主要ホテルは、BTSサパンタクシン駅まで無料のシャトルボートを運航しています。よって電車移動も便利ですし、チャオプラヤー川をボートに乗って移動するのもバンコクならではで楽しめると思います。また、サパンタクシンの船着場からは王宮方面へのボートが出ており、ワットポーやワットアルンなどの定番観光地へのアクセスも容易です。最近はアイコンサイアムという新しい商業施設もオープンしたので更に便利になりました。

どの方面へ出かけるにしても比較的便利なエリアであると同時に、リバーサイドは旅行気分が盛り上がりバンコクらしさも感じられるので、私的には総合的なバランスがよく一番おすすめのエリア

【リバーサイドのおすすめホテル】
シャングリラホテルバンコク
マンダリンオリエンタルバンコク 
ルブアホテルバンコク

サラデーン~シーロム周辺エリア

BTSの駅でいうと、先ほどのリバーサイドエリアにあるサパンタクシン駅から中心地へ向かって数駅進んだところにあるエリアです。

BTSチョンノンシー駅周辺のサトーン地区は、オフィスビルやコンドミニアムが立ち並んでおり落ち着いた雰囲気。静かな通りにある隠れ家的なオシャレカフェやレストランもこの辺りには多いです。BTSシーロム駅の方へ行くにつれバンコクらしいごちゃごちゃっとした街並みになっていきます。このエリアには高級ホテルも点在しています。

サパンタクシン駅近くの有名なお粥屋さんジョークプリンス

BTSシーロム駅周辺はかつてバンコク一の繫華街だったそうですが、今はバンコクの中心って程ではなく、大阪の街で例えるならば難波でもミナミでもなく阿倍野あたりのポジションです。「まぁまぁ栄えているけど、最先端のお店が集まっているという訳ではない。」みたいな感じ。

中高年世代の男性に人気の日本人向け歓楽街、タニヤ通りがあるのもこのエリア。あとはゲイストリートと呼ばれる通りもありますし、パッポンナイトマーケットやローカルレストラン、屋台もたくさんあり雑多なバンコクらしい雰囲気を味わえます。

夜遊びを楽しみたいタイプや、好奇心旺盛なタイプにオススメのエリア。

また、BTSサラデーン駅は地下鉄MRTシーロム駅と接続しているため、地下鉄沿線へのアクセスも容易。地下鉄はスワナプーム空港行きの電車と接続しています。(個人的には大きなスーツケースがあるなら空港・ホテル間移動はタクシーがオススメ)

バンコクならではのローカル感と交通の利便性のバランスがいいエリアだと思います。

【サラデーン〜シーロムエリアのおすすめホテル】
スコータイホテルバンコク

サイアム駅〜チットロム駅周辺

バンコクの渋谷的な場所がサイアムです。最先端のショッピングモールがたくさん集まっており地元の若者に人気のエリア

東南アジアの中でも最大規模の高級デパートサイアムパラゴン、タイブランドのお店が集まるサイアムセンター、日系デパートも入っているセントラルワールド、MBK、プラチナムファッションモールなどなどお買い物スポットが密集しています

BTSの駅でいうとサイアム駅、ナショナルスタジアム駅、チットロム駅あたりです。

バンコクの最先端を感じたい人や、お買い物好きに特におすすめのエリア。

また、BTSサイアム駅は各路線が乗り入れるバンコクの中心駅のため、電車移動の利便性はピカイチ。

【サイアム〜チットロムエリアのおすすめホテル】
インターコンチネンタルバンコク

アソーク〜ナーナー駅周辺

ビジネス街で日系企業もこのあたりにオフィスを構えている会社がたくさんあります。ビジネス・観光と両方の需要があるためか、この界隈にはホテルも多いです。

BTSアソーク駅直結のショッピングモール「ターミナル21( Terminal 21)」は日本人観光客にも人気です。また、近くには夜の街ソイカウボーイもあります。更にアソーク駅の隣ナーナー駅周辺はナイトスポットが集まっているため、男性旅行者には人気のエリア。

また、BTSアソーク駅は地下鉄のシーロム駅と接続しているのもポイントです。

スクンビットエリアを中心に行動するのであればお勧めの宿泊エリアです。

【アソークエリアのおすすめホテル】
ソフィテルバンコクスクンビット 
ウェスティングランデスクンビットバンコク

プロンポン~トンローエリア

このあたりは、在住日本人が多いエリアです。
プロンポンからその先のトンロー駅、エカマイ駅あたりまでは、バンコク勤務の駐在員家族のほとんどが住んでいるエリアで街を歩けば日本人をそこらじゅうで見かけます。プロンポン駅前には高級デパートがありお買い物にも便利です。また、飲食店が最も充実しているエリアで、タイ、和食、中華、洋食、オシャレなカフェやバーなどがたくさんあります。飲食店だけでなく一軒家スパやマッサージ店も多いです。

タイで今旬のレストランやカフェめぐりをしたいという人や、少しでも日本人慣れしている所が安心できていいというタイプにはオススメのエリアです。このエリアは日本人が多いためホテルや飲食店でも日本語表記のものが用意されている所もあり、言葉に不安がある方には心強いかもしれません。

その他のオススメエリア

これまでに紹介したバンコクの主要エリアが基本的にはオススメなのですが、番外編としてもう一つ。

私のオススメエリアは旧市街地エリア。このあたりは電車が通っていないため、中心地へのアクセスに多少難がありますが、オシャレなバンコクっ子も注目しているカフェなどがたくさん出現してきていて面白いエリアです。チャイナタウンやフラワーマーケット、カオサン通りなどが近いので、その辺りへ出かける人にとっては便利でしょう。

交通の便がイマイチなので、どちらかというとリピーター向けのエリアかなと思いますが、旧市街の街をぶらぶらと散策しながら楽しむ旅もおすすめです。

バンコク旅行ホテル選びのまとめ

観光立国タイには本当にたくさんのホテルがあり、バンコクにも豊富な選択肢があります。ホテルがありすぎて決めるのはなかなか大変ですが、まずは予算とエリアで絞っていき、その中で好みのホテルを探して行くという方法がおすすめです。

バンコクのホテル探しは、プーケット発の会社であり東南アジアのホテル掲載数が業界ナンバーワンのアゴダがオススメです。

私はバンコクに住んでいますが、ちょっとリフレッシュしたいなという時に週末ホテルステイを楽しんでいます。私が滞在したホテルの様子はこれからも随時紹介していくので、ホテル選びの参考にしてもらえればなと思います。

2

 

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply