タイのホテル タイのレストラン

プルマンバンコクキングパワー 創作和食レストランTENSHINO

プルマンバンコクキングパワーホテル (PULLMAN BANGKOK KING POWER) 内にあるレストラン「TENSHINO」は、イノベーティブな和食を提供する個性的なお店。今回、ホテルの方からお誘い頂いたので、ディナーに伺ってきました。

TENSHINO のアクセス

こちらのレストランは、プルマンバンコクキングパワーホテルの2階にあります。

最寄駅はBTSパヤタイ駅、もしくはヴィクトリーモニュメント駅からも近いです。サイアムからそう離れていないエリアです。私はサイアム駅からバイタクで移動したら5分ちょっとで着きました。バイタクは危ないのでおすすめしませんが、それくらいサイアムからも近いです。

プルマンバンコクキングパワーの和食レストランTENSHINOの特徴

イノベーティブな和食を提供するレストラン「TENSHINO」

こちらのレストランは和食店と謳っていますが、私たち日本人からすると、創作和食と言うとよりイメージしやすいかな。もちろん和食がベースであるのは間違いないのだけれど、イノベーティブというだけあって、普通の和食の概念に縛られることなく西洋の食材と和をモダンにアレンジしたお料理を頂くことができます。

現在厨房で腕を振るっているのは、フレンチレストランと日本料理店で豊富な経験を積んでこられたタイ人シェフ Pan 氏。日本の伝統的な調理方法を生かしつつ、フランスの食材なども取り入れて考案されたメニューの数々は、美味しいだけでなく、和食の新たな一面を見せてくれます。

プルマンバンコクキングパワーの創作和食レストランTENSHINOの雰囲気

こちらのお店は、エキゾチックなインテリアがとにかく印象的。

ホテルのサイトにはボヘミアンシックな空間と紹介されていました。

レストランは5つの空間に区切られています。それぞれの壁や床はもちろん、椅子やテーブルなども違っており、様々な表情を持っています。でも全体的な世界観はきちんと統一されていて、空間の演出が秀逸。

デート使いはもちろん、会食などのビジネス利用、大きなテーブルもあるのでグループ利用にも良さそうです。

お店の中央にはバーカウンターが。暗めのライティングが大人な雰囲気。

カラフルな壁にはいろいろな絵が飾られており、その中には日本画もあったり、油絵もあったり。そして和装の女性を大胆に描いた大きな絵画がアイコニックで、一度見ると忘れられないほどインパクトがあります。

この空間、何だかハリウッドのスパイ映画のワンシーンに出てきそうな、映画の世界に迷い込んだような気分になりました。

 

まずは席についてカクテルを頂きました。

私はお酒があまり飲めないと伝えると、ストロベリーのモクテルを出してくださいました。

そしてもう一つ、ちらもノンアルコールでおすすめとして持ってきて頂いたもの。

これ、なんと「わさび」を使ったモクテルなのです。酸味が効いたジュースベースに、わさびがピリッと効いていて、なんとも新感覚なドリンク。わさびってこういう楽しみ方もあるのかと感心しました。

TENSHINO のお料理

今回は、アラカルトメニューよりおすすめメニューを中心に頂きました。

お料理が運ばれてくる前に、「お箸を選んでください」とスタッフの方が箱に入ったお箸を持ってこられました。なかなか粋な演出です。

こちらはサーモンのお通し。

まず前菜として頂いたのは、大根サラダ。

Daikon Salad 300THB

ライスパフの軽やかな食感と共に、シャキシャキりんごのスライスが共演。りんごのやさしい甘みがみずみずしい大根をうまく引き立てていました。

続いては、北海道のホタテを使った一品。

Hokkaido Scallop 650THB

さっぱりと、上品な香りのダシのスープは、素材の味がシンプルに味わえます。ホタテも肉厚でぷりぷり。

続いては、本日の握り寿司。こちらのホテルには本格的なお寿司屋さんも入っているので、ネタは間違いなく新鮮で美味。

シャリがブラウンがかった色で普通のお寿司とはちょっと違ったアレンジが加えられていました。盛り付けも華やか。

Sushi of the day 1240THB

続いてはメインディッシュの和牛ステーキ

Wagyu Tenderloin Steak 1550THB

中は美しいピンク色。ソースは三種類のものがかかっていて、フレンチと和風のいいとこ取りをした感じ。横に添えられているのは初め芋?と思ったのだけど、骨でした。中にはラードのようなペースト状の油身が入っていて、これを少量スプーンですくってお肉と一緒に食べると、また違った味わいに。

お肉料理はもう一品頂きました。

こちらはイベリコ豚を使った一皿。中央には温泉卵と辛子味噌のようなものが。これに甘辛いタレをかけて頂きます。

Iberico pluma 890THB

これ、白米と一緒に食べたら絶対に美味しい!ってことで、我慢できずに白米をオーダー。

ちょっと贅沢な豚丼にして食べたら絶品でした。

ついついお米がすすんでしまいここでお腹がいっぱいに。

はい、でもデザートは外せません。

デザートメニューを眺めて迷ってしまい、なかなか決められなかったので、最終的には欲張って4品選びました(笑)

Cherry Sake Clafoutis 480THB

Yuzu tiramisu 250THB

Azuki-Matcha Mochi 250THB

Chestnut flan 290THB

デザートはどれも程よい甘さで、4品も欲張って食べきれるかちょっとだけ不安だったのだけど、全然大丈夫でした。私は特に、栗プリンのような Chestnut flanと、あつあつ焼きたてをアイスクリームと頂く Cherry Sake Clafoutis が好みでした。

まとめ

ということで、プルマンバンコクキングパワーホテル (PULLMAN BANGKOK KING POWER) 内にある和食レストラン「TENSHINO」は、個性的で和と洋が見事に融合した新しい和食を体験できるお店でした。

アラカルトメニューの他に、シーズナルのセットメニュー、コースメニューもあり、セットメニューは1000バーツほどから設けられています。お酒も日本酒、ワインなど幅広く取り揃えています。

私はこういうお店とっても好み。素敵なディナータイムを過ごすことができました。
次はコースメニューを頂きに是非再訪したいなと思いました。

【店舗情報】
TENSHINO
PULLMAN BANGKOK KING POWER 2F
Website : https://www.pullmanbangkokkingpower.com/restaurant-bar/tenshino/
Instagram : https://www.instagram.com/tenshinobangkok/

 

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply