タイのホテル

インターコンチネンタルバンコク

駅チカで便利な立地にあるインターコンンチネンタルバンコクは、周辺にセントラルワールドやプラチナムファッションモールなどのお買い物スポットが充実しています。また、おしゃれなお店が多くあるスクンビット方面へのアクセスも容易なため、バンコクのいろいろな方面へお出かけするというタイプにはぴったりのホテルです。

インターコンチネンタルバンコクへの行き方

ホテルはBTSチットロム駅のすぐ近くです。
スカイウォークから直接つながっているわけではないですが、スカイウォークを少し歩くとすぐにホテルの建物が見えますので駅からは誰でも迷うことなく到着できるでしょう。

インターコンチネンタルバンコクは、1999年開業とのことなので、建物や施設は若干古さを感じますが、このくらい年季がはいっているのも味があって私は好き。きちんとメンテナンスが行き届いているので、一昔前のクラッシックな高級ホテルの内装という趣ながらも洗練された雰囲気も併せもっています。

今回はクラブラウンジアクセス可のお部屋だったので、チェックインはラウンジで行いました。
クラブラウンジについては別記事についてまとめています。
→ クラブラウンジのアフタヌーンティー
→ クラブラウンジのカクテルタイム

早速お部屋紹介から。

 

インターコンチネンタルバンコクデラックスルーム クラブフロア

[color-box color=”mycustomcolor”]

ご予約

事前決済でお得
Agoda で料金チェック

インターコンチネンタルバンコク[/color-box]

客室は45sq とバンコクのこのクラスのホテルでは一般的な広さでお部屋のつくりもオーソドックスな感じ。
特別変わったところはないのですが、こういう普通のお部屋が一番使いやすかったりするんですよね。

変にオシャレすぎると落ち着かなかったり使いこなせなかったりっていうのはホテル滞在のあるあるです。

ベットメイキングも完璧。
マットレスも丁度いい硬さで寝心地がよかったです。

ベットの正面にはテレビが。
私はみないから別にいいのだけど、ちょっと小さめかな。

ベットの奥にソファーとちょっとした作業ができる机があります。

こちらはウェルカムフルーツ
色々な種類のトロピカルフルーツをたっぷり準備してくれていました。

ミネラルウォーターもありました。

そしてネスプレッソが!

コーヒー好きな私にとってはこれはかなりの高ポイント!
バンコクのホテルでこのレベルのお部屋でネスプレッソ置いてくれているホテルはなかなかないので嬉しい。

カプセルはデカフェを含む3種類がありました。
これなら夕食後もコーヒーが楽しめますね。

お部屋の冷蔵庫の中身はこんな感じ。
全部有料ですがチョコレートとかシリアルバーとかもありました。

続いてミニバー
紅茶はTWGのものでした。

続いて入口の方に戻ってクローゼットをチェック

バスローブなどに

セキュリティーボックスとアイロン

続いてバスルームへ

タイルの感じといいつくりといい、シャングリラホテルに似ていました。

シャワーブースのシャワーは小ぶりなハンド式でとっても使いやすかったです。

もちろんバスタブもあります。
バスルームは清潔さも使い心地も申し分なしでした。

こちらのホテル場所柄ビジネス利用の方も多そうですが、お部屋に広々したデスクがあるので、出張中の方も使いやすそう。

レストラン情報やルームサービスを一通りチェック

ルームキーも特別に写真付きの可愛いやつにしてくださったようです。

枕は好みの硬さのものに変更してもらえます。

良さげなものをリクエストして持ってきてもらいました。

窓からはバンコクの街が一望できます。
この辺りはオフィスビルやホテルが立ち並んでいます。

ちなみにクラブフロアにステイの場合はお部屋の wifi は無料で使えます。

インターコンチネンタルバンコクその他の施設

お部屋のチェックを終えてから、ラウンジがある37階にあるプールへ遊びにいきました。

こちらのホテルのプールは割と小さめです。

小さいのと、設計上、景色を楽しみながらプールに入れるというタイプではなかったため、上層階にあるにもかかわらずあまり開放感が感じられず、一瞬入水したもののすぐに退散。

個人的にはもう少し広いか、景色が楽しめるか、というプールが好きかな。

プールサイドでは焼いてる人が数人いて、プールに入っているのは私の他に親子が一組だけだったので空いてました。

プールの後はジムへ行きました。
フィットネスセンターはプールの一つ下の階にあります。

せっかく広くていろんなマシンが揃っているジムが使えるので、張り切って筋トレしようとしたのですが…。
私この時うっかりジムの服をもってくるのを忘れてしまいました。
ホテルで借りられるか聞いたのですが、靴はいくつか貸し出し可能だが(サイズはそんなに多くない様子でした)ウエアはないので近くで買ってきたらどうですかと言われました。ガーン・・・。

ウェアとシューズ貸し出ししてくれるホテルって残念なことにバンコクでは意外に少ないんですよねー。
ジムの靴と服ってかさばるから貸してくれるとありがたいんだけどね。

結局仕方がないので隣のアマリンプラザで適当なウェアを買ってジムに行きました。
で、一緒にいた旦那氏はビーサンでジムに入ろうとしたらスタッフの人に止められてました。
安全管理上ビーサンでは入っちゃだめというルールみたいです。聞いた話によるとなぜかマシン系使うなら靴ないといけなくって、ランニングマシンとかバイクならいけるっぽかった。何だかよくわからないルール。強情な彼は納得いかずスタッフと一悶着。そしてむりやりジムで筋トレしておりましたw
良い子の皆さんは絶対真似しないように〜

ジムは広くてとっても快適でした。

体を動かしてお腹が空いたので一階にあるイタリアンレストランへ。
ここのイタリアンは何を食べても美味しいのでちょくちょく食べに来ているお気に入りのお店です。

また、朝食会場にもなっている二階のビュッフェを提供しているレストランでサンデーブランチも食べに行きました。
詳しくはこちらの記事にまとめています。

 

まとめ

インターコンチネンタルバンコクは、あちこち動き回るので中心地の駅近がいいけれど、ホテルでもくつろいでホテルライフも楽しみたいという人にはぴったりだと思います。
また、ビジネス利用にも使い勝手のいいホテルだと思います。
[color-box color=”mycustomcolor”]

ご予約

事前決済でお得
Agoda で料金チェック

インターコンチネンタルバンコク[/color-box]

 

Mariko

ABOUT ME
Mariko
日本で国際結婚をし、2014年にタイへ移住を決意・実行中です。バンコクでは現地採用として働いています。ホテル巡り・カフェ巡り・筋トレ好き。このブログでは、タイのホテルレビューや旅行者向けの情報をはじめ、タイの移住・就職・生活情報などについても更新しています。インスタグラムも日々更新しているので、気軽にフォローしていただけると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です