タイ生活

ブレズ漢方薬局のグループファスティング

9月の頭に、ブレズ薬局監修の三日間グループファスティングに参加させて頂きました。以前パーソナルトレーニングでお世話になったWell’go のサイトレーナーよりお声掛けいただいたのがきっかけ。長引くWFHと運動不足、デリバリーの美味しいモノで鬱憤を晴らす日々に少々疲れていた頃で、ちょうど「一度リセットしたいな」と思っていたタイミングだったので、参加させて頂くことに。体験記と共にプログラム内容を詳しく紹介します。

ファスティングとは?

ファスティングとはいわゆる絶食。

三日間も何も食べないと聞くと、ファスティングのことをよく知らない方にとっては、『行き過ぎたダイエットの延長で身体に悪そう』っていうイメージが、もしかしたらあるかもしれません。確かにダイエット目的で、急に「よし、とにかく痩せたいから明日から何も食べないっ!」という風に絶食するのは体に良くないです。が、今回紹介するファスティングはそういった類ではありませんのでご安心ください。

ファスティングを行うことによって、胃腸の浄化作用(デトックス)・免疫力アップ・味覚の正常化など、様々な効果が期待できます。

2・3日の準備期間を経て3日間のファスティングを行い、その後の3日間は回復期間として過ごします。準備期間と回復期間を設けているのは、身体に負担をかけずに効果を最大限得るためです。特に回復期間はファスティング後のリバウンド防止に重要な役割を果たします。

3日間のファスティングといっても、3日間だけ我慢すればいいという訳ではなく、準備と回復期を含めると一週間ほどの期間、しっかり準備して過ごす必要があるのです。結構ハードル高いですよね。

「ファスティングには興味があるけど、一人でここまでできる自信がない」っていう方は多いのではないでしょうか?そんな方にお勧めしたいのが、今回紹介するグループファスティングなのです。

ブレズ漢方薬局監修グループファスティングの概要

今回紹介するグループファスティングは、ブレズ漢方薬局監修。

運営責任者としてブレズアジアを経営されている飯田さん、事前カウンセリングやファシリテーターを担当されているバンコクの女性起業家である糸永さん、そしてWell’go代表パーソナルトレーナーのサイさん、こちらのお三方が主体となって運営されているコミュニティーとなります。

ファスティング期間中は、独自配合の漢方ドリンクを飲んで過ごします。その他にも、様々なサービスがついています。

・事前オンラインカウンセリング
・3日分の漢方ドリンクと、糖質補給用のサポートドリンク
・ファスティング期間中の漢方医への相談可
・グループLINEで参加者との交流
・ZOOMで開催されるオンラインプログラム

事前カウンセリングがあり、ファスティング前の食事や過ごし方についてしっかり説明を受けることができますし、不安なことがあれば何でも聞くことができます。期間中に好転反応等が辛い場合は、漢方医に相談することも可能。参加費用は5000バーツです。

また、最大の特徴はグループで行うプログラムであるという点。

全体のグループLINEだけでなく、事前カウンセリングの情報を元に相性の良さそうな人を、数人の小グループに分けてLINEクループを作ってくださるので、期間中にコミュニケーションをとりつつ、辛い時は励ましあいながら取り組んでいけます。

特に初めてファスティングをするという方は、一人で挫折してしまいそうだったり、どういう風に準備すれば良いのか等、迷うことも多いと思いますので、そういった方にはとても心強いプログラムです。

こちらのプログラムは、”コロナ禍で外出が難しく孤独を感じることが多い時期に、少しでも元気を届けることができないか” という想いから生まれたのだそうです。コロナで人との出会いや関わりが薄れている中で、普段なかなか出会うことが出来ない方とのご縁が生まれる、というのもこのプログラムの醍醐味であると思います。何か新しいチャレンジをしてみたいな、という方にもおすすめ。

期間中の独自プログラム

LINEグループ上のやり取り以外にも、ファスティング期間中にはZOOMによる様々なオンラインプログラムが用意されています。

 

ファスティング運営メンバー及び参加者の方が、持ち回りでご自身の専門分野・趣味などについてお話ししてくださいます。運営側からお声がけいただいたので、私も少しお話する時間を設けて頂きました。私は人見知りで交友関係もめちゃくちゃ狭いコミュ障気味な人間なので、ちょっと不安でしたが、普通に生活していたら関わることが出来ない方々とお話しできる貴重な機会となり、いろんなお話を聞けて楽しかったです。

ファスティング中の週末は、のんびりお家で過ごしつつ、このオンラインプログラムに参加していたら、あっという間に時間が過ぎていったと言う感じでした。

また、毎晩 Well’go のサイトレーナーが担当するストレッチクラスがあります。たっぷり50分ストレッチを行うことで心身ともにリフレッシュ。なんだかとっても健康的な気分で1日を終えることができました。

ファスティング中の様子

私は昨年、ロックダウンで暇だったのもあり、一人で3日間ジュースクレンズをしました。(詳細記事はこちら)今回初めてのファスティングではなかったため、ある程度要領が分かっていたからか、それほど苦しまずに3日間過ごすことができました。日頃から、食べ過ぎた翌日や週末にプチ断食(16時間食べない)をしているのも関係しているかもしれません。

1日目はボーッとして眠気に襲われましたが、後の2日間は空腹感も我慢できる程度で、安定して過ごせました。どちらかと言うと、準備期間と回復期間の方が、変なもの食べちゃダメって気を遣うので、私は大変だったかな。

あと、漢方ドリンクはにがくてマズそうなイメージがあり(笑)飲めるか心配していたのですが、どれもステビアで甘味が加えられており苦かったりはしないので想像よりも遥かに飲みやすかったです。がしかし、私の場合は漢方の味に2日目から飽きてきてしまい、漢方ドリンクを飲むのにちょと苦労しました。2・3日目は漢方ドリンク1本を全部飲みきれなかったので、ボトルの2分の1位しか飲んでいませんでした。余った漢方ドリンクは旦那にあげたら美味しいと喜んで飲んでおりましたw

漢方ドリンクを飲むのに気が進まなかったため、私は糖分補給には Me Juiceで頼んでおいたコールドプレスジュースを飲んでいました。

3日間のファスティングを終えて

まず、身体が軽くなりました。Work From Homeで動かない割に食べすぎていたので、胃腸が疲れていたんですよね。きっちりと胃腸を休ませてあげることができたので、リセットされた感じがしました。

また、ファスティング前はお腹空かなくても何となく食べたり、少しでも空腹を感じたら何か食べたりしていたんです。家にいるとすぐ冷蔵庫開けて食べ物探しちゃう(笑)でも、ファスティングを行うことによって空腹が辛いという感覚が薄れたので、少しお腹がすいたくらいだと我慢してお水を飲むようにしたりと、無駄食いが減りました。また、食べる量をセーブできるようになり、腹八分目が実行できるようになったと思います。

ファスティングって、ダイエット目的でされる方が多いのかもしれませんが、私はどちらかというと胃腸を休めてデトックスするためとしています。体重は食事を戻すとすぐに戻っちゃうので。とはいえ、体重変化が気になる方は多いと思いますので、一応言及しておくと、ファスティング準備期間前のMAX体重と、ファスティング終了後一番軽かった体重の差は-2.5kgで体脂肪は-1%でした。

私はワクチン接種後に運動をサボって筋力が落ちたので、回復期を終えてからはしっかり食べてしっかり運動をしようと思い、食べたらそれなりに体重は戻りました。ファスティングから一ヶ月以上経過した今は、MAX体重から-1.5kgくらいを推移しています。(つまりファスティング後からはプラス1キロ)

★ファスティング中の様子はIGTVの方にまとめてみましたので実際の様子はこちらをご覧ください↓
https://www.instagram.com/tv/CVcJnrGIVIS/?utm_medium=copy_link

まとめ

今回紹介したグループファスティングは毎月開催されており、回を追うごとに内容も進化しているようです。(次回開催は10/28〜10/30)ファスティングはデトックスなどの身体的作用はもちろん、食べないという少し大変ではあるけれどその決意を持って行動することによって、自分の内面とも向き合うことができます。ファスティングを無事終えたら、ちょっとした修行を終えてパワーアップした気分に。気になった方は、是非一度チャレンジしてみてくださいね。

◆ブレズ漢方薬局グループファスティング詳細&申し込みはこちら↓
https://blez-traditional.com/fasting-1/

 

Mariko

ABOUT ME
Mariko
日本で国際結婚をし、2014年にタイへ移住を決意・実行中です。バンコクでは現地採用として働いています。ホテル巡り・カフェ巡り・筋トレ好き。このブログでは、タイのホテルレビューや旅行者向けの情報をはじめ、タイの移住・就職・生活情報などについても更新しています。インスタグラムも日々更新しているので、気軽にフォローしていただけると嬉しいです!

COMMENT

Your email address will not be published.