タイでの就職活動

タイでの就職活動 人材紹介会社への登録

タイで就職活動する場合、私のようにタイに来たばっかりで何のコネもない場合は、まず人材紹介会社に登録して探すのが一般的な方法です。
人材会社が持っている求人情報で自分にマッチした案件を紹介してくれ、面接の日程調整や待遇面の交渉等も人材会社の方がやってくれますので、こちらは興味のある求人に応募していくだけでとっても簡単。日本から人材会社を通して就職活動を始めて、日程調整をしてもらってまとめてタイに面接を受けに行くという方法も取れます。
今回はタイでの具体的な就職活動の始め方についての記事です。

タイで就職活動を始めるためにまず準備するもの

まず、人材会社へ登録するに当たって和文・英文履歴書、職務経歴書が必要になりますので事前にしっかり準備しておきましょう。今までの職務経験を整理し、アピールしたい能力をきちんと盛り込んだ内容にしましょう。

英文履歴書はネット上でいろいろなサンプルを見て参考にしながら書きました。私は外資系も視野に入れて探そうと思っていたため、不自然な英語になっていないかネイティブチェックのサービスもネットで利用しました。何でもネットでできる便利な世の中です。

また、実際に働き始める際にワークパーミット取得のために、大学の英文卒業証明書と前職の英文在職証明書が必要ですのでこちらも事前に準備しておくと後々焦らなくて安心です。

タイで就職活動 人材会社へネットで登録

さて、書類の準備ができたらさっそく人材会社に登録しましょう。私はタイの人材会社に全部で3社登録しました。これ以上登録すると求人案件も結構かぶってきますし、やりとりする人材会社の担当者が多いと後々めんどくさく感じると思います。担当者との相性もありますし、会社によって求人案件も違いますので、まずは3社程度で様子を見るのが良いと思います。

まずは登録したい人材会社へコンタクトをとります。タイの人材会社はネットで求職者登録ができる所がほとんどですので、まずはネット上で自分の個人情報を登録しましょう。ネットで登録後、大抵は本登録手続のために事務所へ来て下さいという連絡が来ますので、担当者と日時の約束をして人材会社の事務所へ本登録へ行きます。

タイで就職活動 人材会社で本登録

本登録時に行われるのは大抵どこの人材会社でも同じです。
○アンケートの記入(職務経験や希望職種等を答える)
○簡単な語学力(英語とタイ語)チェック

希望業種・希望職種・希望給与・希望条件等は事前に考えておきましょう。また、語学力チェックはタイ人スタッフと英語で簡単な会話をするだけです。(私はタイ語ができないのでタイ語のチェックは受けていません。)自己紹介や職歴等を簡単に英語で話せるようにしておくといいでしょう。面接の練習にもなります。

人材会社によっては、事前に履歴書をメールで提出していても、本登録の際にその人材会社独自のフォーマットの職務経歴書の様なものへ記入を求められることがありました。自分で作成した履歴書等はコピーを持参していくとそういった書類への記入がスムーズになり良いと思います。

最後に今ある案件の中で自分にマッチした求人を紹介してくれます。

私の場合は多い所で10数件紹介してくれました。その場で気になった企業へはすぐ応募してもらい、良くわからない企業は一旦持ち帰ってから応募するかどうかを決めました。人材会社からもらう求人票には、あまり詳しい内容が記載されていない企業も多いので、とりあえず少しでも気になった企業はどんどん応募して、面接を受けて自分とマッチしているか判断していくというスタンスが良いのではと思います。

日本からも就職活動をすることが可能

実は私は、タイへくる前に情報収集をかねてインターネット上で大手人材会社2社にネットで登録をしていました。

そのうちの1社については、就職相談会なるものが日本の事務所で定期的に開催されており、タイ現地担当者と会って実際にタイ就職について相談することができます。私はその日本での相談会にも行ってきました。この相談会ですが、私はすごーく軽い気持ちで参加しました。相談会という名前なので、タイ就職について相談するつもりで行きました。が、これ相談会ではなくって、登録会っていう名前にすべきなんじゃないかって思いました。行ったら普通に登録アンケート記入→職歴等について簡単に質問を受け英語会話テスト→実際の求人案件相談 という流れでした。

そう、この流れは、タイで人材会社へ登録する時の一般的な流れと同じです。

担当者の方も、相談に乗るっていう感じは全くなく案件を紹介して、どうですか?応募されますか?面接のためにいつならタイへ行くことができますか?何日位なら会社お休みとれそうですか?ってな感じでした。当時、まだすぐにタイへ行ける状況ではなかった私とは温度差が激しかったです。ま、日本にいながらタイで就職活動を始めたい人にはいいと思います。

日本でネット登録したもう一社からは、次の日に担当者よりメールが来ました。『一度スカイプでお話させて頂きたいので、ご都合をお知らせ下さい。』という内容でした。先の就職相談会で温度差を感じた後だったため、すぐにタイへいく予定のなかった私はそのメールには返事をせず、タイに来るまで放置のままでした…。

まとめ

タイでの就職活動は、人材会社がたくさんあってとっても便利です。タイでの就職に少しでも興味がある方は一度人材会社に登録してみて、自分が応募できる案件でどんなものがあるのか実際に見てみるのもいいのではと思います。

 

Mariko

ABOUT ME
Mariko
日本で国際結婚をし、2014年にタイへ移住を決意・実行中です。バンコクでは現地採用として働いています。ホテル巡り・カフェ巡り・筋トレ好き。このブログでは、タイのホテルレビューや旅行者向けの情報をはじめ、タイの移住・就職・生活情報などについても更新しています。インスタグラムも日々更新しているので、気軽にフォローしていただけると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です