タイ生活 まりこのタイ

パーソナルトレーニングジムボディークバンコク

自称筋トレ女子のまりこですが、今までトレーニングはネットで調べた情報を元に自己流で適当に週に1〜2回コンドのジムでしているだけでした。そんな私がずーっと気になっていたバンコクのパーソナルトレーニングジムBODIK(ボディーク)で最近お世話になっています。

バンコクのパーソナルトレーニングジムBODIK(ボディーク)は、前からバンコクにもこういうジムがあるんだなぁと興味津々で見ていたのですが、この手のジムは食事制限しないといけないから好きなものが食べれなくなるし…って思って興味はあるものの一歩踏み出せずにいる状態でした。なんせ食べるのが人生の楽しみっていうタイプの人間なもので…。

でも、今よりもうちょっと脂肪を減らして絞ってもっとカッコイイ身体になりたいという気持ちはいつも持っていて、とはいうものの自分一人だと甘えが出て、食べるのが大好きな私は食事制限ってなかなか真剣に取り組めないという問題が。そして何より、食事制限+トレーナー指導のもと行うトレーニングで、自分の身体がどれくらい変わるのか体感してみたいなと思ったのです。自己流筋トレでは同じようなメニューばかりやっているせいもあり、なかなか変化が実感できなくて足踏み状態というのも悩みでした。

ということで、遂に意を決してBODIK(ボディーク)にてパーソナルトレーニングを受けることにしたのです。

私は特に太っているわけではなくいたって標準的。でももうちょっと筋肉をつけて体脂肪率も下げてかっこいいカラダになることを目標としました。

※こちらの記事後半で、私の体重や体脂肪率などの数値のビフォー(初回時)アフター(約二週間後の経過)の結果も公開しています。

 

バンコクBODIK(ボディーク)ってどんなジム?

BODIK(ボディーク)とは、バンコクでは数少ない日本人向けにパーソナルトレーニングを行なっているジムです。タイのバンコク以外にも、ニューヨーク、シンガポールなど世界中に支店があります。日本にあるジムでわかりやすく例えるならばライザップのようなジムです。基本のコースは2ヶ月で、その間は週二回のトレーニング+糖質制限の食事指導をしてくれます。(食事指導が不要な人はトレーニングのみのコースももちろんあります。)

bangkok-fitness-bodyk-47

トレーナーさんは皆さん日本人の方なので日本語でトレーニングが受けられ、ちょっとしたことも気軽に相談できる点がやっぱり安心感があっていいです。

料金的にもバンコクのパーソナルトレーニングの相場とそう変わらないですし、日本で同じレベルのサービスを受けるとなるともーっとお高くなるので、そう考えると価格はとっても良心的。

アソーク駅直結の便利な立地で、私は仕事帰りに寄るのに丁度良く、手ぶらで寄ってトレーニングができてしまうという手軽さも素敵。

 

バンコクBODIK(ボディーク)への行き方

BODIK(ボディーク)の最寄駅はBTSアソーク駅で駅からはすぐの場所にあります。

行き方は、まずアソーク駅の②⑤番出口の方から改札を出ます。

bangkok-fitness-bodyk-2bangkok-fitness-bodyk-3

このように看板があるので矢印に従って進みます。

bangkok-fitness-bodyk-4bangkok-fitness-bodyk-5

進んでいくと左手にシェラトンホテルが見えてきます。まだしばらくまっすぐ進みます。

bangkok-fitness-bodyk-7

するとボディークの店舗が入っているタイムズスクエアビル(TIMES SQUARE BUILDING)が見えてきます。

bangkok-fitness-bodyk-9

ボディークの店舗があるTimes Squareビル

bangkok-fitness-bodyk-10

スカイウォークとTimes Squareビルは繋がっています

店舗が入っているビルは駅からスカイウォークで繋がっているので移動も楽チンで、雨の季節も傘いらず。

ビルに入って通路を進んで左に進んでいくと、その先にBODIK(ボディーク)の店舗があります。

bangkok-fitness-bodyk-12bangkok-fitness-bodyk-13bangkok-fitness-bodyk-14

bangkok-fitness-bodyk-15

こちらがボディークの店舗の入り口

 

駅からは歩いてほんの数分です。私は会社からの帰り道に寄るのに丁度いいため、主に会社帰りに通っています。

 

バンコクBODIK(ボディーク)でのトレーニング

初回時は、トレーナーさんによるカウンセリングがあります。無理な勧誘などは全くないですし、自分の悩みや気になっているポイント、質問等は何でも遠慮なく聞いてみるといいと思います。

店舗の中はこんな感じでわりとこじんまりとしていますがトレーニングルームは個室なので完全プライベートです。

bangkok-fitness-bodyk-49

実際のトレーニングに移る前にまずは着替えから。トレーニングルームで着替えをします。

bangkok-fitness-bodyk-17

ウェアとタオルも貸し出ししてくれるので、手ぶらで行ってもOKですし、気分をあげるために自分の好きなウェアを持参してももちろんOKです。ちなみにトレーニングは裸足で行いますのでシューズも用意する必要はありません。

bangkok-fitness-bodyk-16

貸し出ししてくれるウェア

そしてトレーニング中の水分補給にアミノ酸入りのお水を用意してくれていますので至れり尽くせりです。

bangkok-fitness-bodyk-28

トレーニング中はアミノ酸入りの水で水分補給

基本的に他の会員の方と顔を合わせることはありません。会っても行き帰りの時にすれ違う程度ですので、トレーニング中は完全プライベートです。

 

実際のトレーニングに入る前に、毎回体重や体脂肪率などの測定を行います。成果が出ているか毎回ドキドキ。

bangkok-fitness-bodyk-19bangkok-fitness-bodyk-20bangkok-fitness-bodyk-18

測定が終わると、いよいよトレーニング開始!

まずはウォーミングアップとして軽めのメニューから。
バランスボールの上でプランクの体制になり、その状態で肘を時計回りに回します。30秒続けたら反対まわりでさらに30秒。プルプルなりながらもバランスとるのが結構難しい。

bangkok-fitness-bodyk-21

続いて床に手をついて足を伸ばしそして立ち上がって腕をあげるという運動

bangkok-fitness-bodyk-27bangkok-fitness-bodyk-24bangkok-fitness-bodyk-25

続いてサイドプランクを左右各30秒

bangkok-fitness-bodyk-22

ウォーミングアップが終わると、ウェイトを使ったトレーニングを行なっていきます。

まずは下半身のトレーニングのスクワットから。

bangkok-fitness-bodyk-32

フォームもきっちりチェックしてくれるのでしっかり効きます。

bangkok-fitness-bodyk-30

腹のたるみはスルーでお願いします

爪先立ちでふくらはぎのトレーニング

bangkok-fitness-bodyk-33bangkok-fitness-bodyk-34

だいたい2〜3種目を続けて行い、それをもう一度繰り返して計2セットずつ行なっていきます。

続いてベンチプレス

bangkok-fitness-bodyk-38

ダンベルを使ったトレーニング

bangkok-fitness-bodyk-37

デッドリフトbangkok-fitness-bodyk-40

bangkok-fitness-bodyk-41bangkok-fitness-bodyk-45

ボールを使った腹筋運動

bangkok-fitness-bodyk-39

この日は、その他にもバランスボールの上で腹筋したり、重りを持ちながら左右に動かしたりというようなメニューもありました。

S__1245271

私が受けたトレーニングメニューの一覧

一回のトレーニングで行うメニューはウォーミングアップも入れて大体10数種類くらいで日によって異なります。次から次へとメニューをこなしていき、間に水分補給するくらいで長い休憩は取らないので結構しんどいのですが、全身を満遍なく鍛えるのでそれぞれのメニューで使う筋肉が違うため、意外に頑張れます。
いや、でも終わる頃にはかなりヘロヘロです。

トレーニングが終わると最後にプロテインシェイクまで準備してくれていますので、頂いて終了です。

bangkok-fitness-bodyk-48

トレーニング後にプロテイン補給

次の予約の調整や、気になる点があればなんでも気軽に相談に乗ってくれます。

bangkok-fitness-bodyk-50

店内で販売している糖質制限中も食べられるQUEST BARは私も活用中

bangkok-fitness-bodyk-51

プロテインチップスも普通に美味しくて活用中

自分で筋トレしていた時には筋肉痛にならない部分が激しく筋肉痛になり、やっぱりパーソナルトレーニングは、一人でトレーニングするよりも効率的に鍛えられていると身をもって実感しています。自分一人だと、重いウェイトはすぐ諦めて辞めてしまいますが、トレーナーさんがカウントしながらしっかり補助してくれるので、上がらなくても上がらないなりにしっかり回数をこなすことができるのでやっぱり効きが全然違います
初めの方はトレーニング後の筋肉痛がひどかったのですが、回を重ねるごとに体が慣れてくるので少しましになってきます。

 

バンコクBODIK(ボディーク)での食事指導について

この手のジムで一番気になるのは、食事制限を果たして自分は頑張れるのだろうか?という点だと思います。

BODIK(ボディーク)での食事指導はいわゆる糖質制限です。しかも、はじめの2週間は糖質を控えるのではなく糖質カットです。これにより、体内に貯蔵された糖質(グリコーゲン)をまず空っぽにして、脂肪の燃焼スイッチを入れるためだそうです。

食事指導はケータイアプリのLINEを使って行います。トレーナーさんたちのグループラインに入って、そこで自分が食べている食事内容の写メを毎回送り、フィードバックをもらうというシステムです。

私は普段オートミールなどのシリアルやお米、パスタをよく食べているので、この食事制限にかなりビビッていたのですが、やってみると思っていたより大丈夫でした。大丈夫というのは、まぁ耐えられるレベルだったという意味です。でもこれ一人だと絶対できないなとも思いました。私にとっては人生初の本格的な糖質制限だったのですが、実際にどんな感じなのか紹介していきたいと思います。

 

バンコクBODIK(ボディーク)での糖質制限

はじめの2週間は、炭水化物をカットという方針なので結構しんどいです。しんどいというのは、私の場合精神的にでした。お米や麺類はもちろんダメ。スイーツなんてもってのほか、フルーツ類もNG、等質が多いイモ類などの野菜もNGです。そのかわりに野菜やきのこ類などの繊維質のものと、自分の体重の2倍程(体重50キロであれば一日100〜150グラム)のたんぱく質の摂取が推奨されます。
私は基本的に糖質高いものが大好きなので、好きなものが全然食べられないということがやっぱり辛かったです。でも抵糖質のものであれは大体何でも食べられますし、空腹を我慢してとにかく食べる量を減らすとかいう訳ではないので、まだ耐えられました。

私は幸いお肉も好きなので、タンパク源としてお肉をたくさん食べられるのはいいのですが、肉が好きといっても、私が一番好きなのは牛フィレとかの牛肉の赤身。そんなのを毎日食べているとえらく高くつくので、仕方なく大体は鶏肉や豚肉、卵やたまに魚などを食べていました。でもこういった高たんぱくのものって意外にたくさん食べられない…なので、たんぱく質をプラスα摂取するためにプロテイン(パウダータイプのもの)も毎日活用していました。

diet-bangkok2

はじめはダメなものが多く、食べられるものが少なくてとっても気が重かったのですが、トレーナーさんに食事内容をラインで報告するといろいろとアドバイスをくれたり注意されたりほめてもらえたりするので、三日目くらいから必要な栄養価(たんぱく質量)を計算しながらOK食材を使って食事を用意するのがある種ゲーム感覚のようになってきて、ちょっとだけ楽しくなってきました。

diet-bangkok4

時間がない時はこういうチキンが便利

diet-bangkok3

とりあえず安くて高タンパクな鶏肉は常に冷蔵庫に常備

そして不安だった糖質制限も、トレーナーさんたちの指導の下なんとか順調に進めていくことができたのです。しかし、苦労とゆうか不便だなと思うポイントもありました。私が一番苦労したのは、出先でおなかが空いて何か軽く食べたいなっていう時に、適当なものがみつからないというシチュエーション。デパートで買い物しながらうろうろしている時に、お腹がすいて何か食べたい!周りは美味しそうなものであふれているのに、どれも等質たっぷりのものばかりで食べられるものがないんです…。
普段だとスタバでコーヒーとちょっとしたおやつを食べたり、コールドプレスジュース飲んだり、ドライフルーツ食べたりしていたのですが、そういうのもすべてNGなもののため、食べてもOKなおやつが気軽に手に入らないことがとっても不便に感じました。
甘いものが食べたくなったら低糖質のプロテインバー「クエストバー」(ボディークの店舗でも販売しています)がいいとおすすめされたのですが、そういうものってどこにでも売っている訳ではないので事前に準備しておかないといけないのです。バンコクにも健康志向のヘルシースイーツみたいなのなら割といろいろあるのですが、糖質にフォーカスした商品って意外に少ないのですよね…。

そんなこんなで、何とか頑張って乗り切った2週間の糖質カット生活

では、実際に私がよく食べている1日の食事内容例を紹介したいと思います。

 

〔朝食〕

私は朝あまり食欲がないタイプなのですが、一日を通してタンパク質の摂取を万遍なく行うのが理想のため、朝のタンパク質摂取はプロテインシェイクで補っていました。朝ごはんは基本毎日プロテインシェイクです。時間がない朝も飲むだけでお手軽!

私は以前からプロテインを愛飲していて、糖質制限じゃない時はプロテインにフルーツを入れたスムージーにしたりしていたのですが、制限中はフルーツは我慢して代わりにほうれん草などの葉物の野菜を入れてスムージーにしたりしています。水分は気分によって水か豆乳かアーモンドミルクの3択。豆乳もアーモンドミルクも無糖のものを使用しますが、プロテインに甘味料が含まれているので普通に美味しく飲めます。

*** Green smoothie🍃 最近よく家で作って飲むスムージー✨ +ほうれん草 +アーモンドミルク +りんご 年末年始食べ過ぎが続いてたので、ここ最近は頑張って極力自炊して、外食を控えているのだけど、食べても食べてもやたらとお腹が空いて食欲旺盛…朝ごはんしっかり食べて会社行ったら、前までは、お昼休みになってもあまりお腹が空かなかったのに最近は11時にはお腹が鳴る〜😅 #green#healthy#smoothie#タイ#バンコク#海外在住#海外暮らし#暮らし#日々#ヘルシー#スムージー#グリーンスムージー#ダイエット#筋トレ女子#カメラ#一眼レフ#ニコン

A post shared by まりこ (@marikochanbkk) on

あとは、ココナッツオイルの摂取をトレーナーさんに勧められたので、眠気覚ましのコーヒーにココナッツオイルを入れて飲んでいます。

〔昼食〕

お昼は自称『筋トレ弁当』持参です。あまり変わり栄えしない同じような内容のものばかり食べていますが…。私の定番は、肉とサラダとゆで卵です。肉は出来合いのものを切って入れるだけのときもあれば、ハンバーグにしてみたり、きのこと一緒に炒めてみたり。私の料理のバリエーションが少ないせいもあり、あまり変化がないので一週間くらいでだいぶ飽き飽きしてきましたが、タイ料理食べるより健康的だし頑張ってお弁当持参しています。

S__1253433

〔間食〕

間食はアーモンドか、クエストバーなどの低糖質のおやつ。あとはコンビニで売っている味付けのりもたまに食べています。(もちろん甘くないやつ)

無糖の豆乳やアーモンドミルクもたまに飲んでいます。どうしても甘味がほしいときはステビアを投入します。

〔夕食〕

夕食もあまりお昼と変わりませんが、基本は肉か魚&野菜やきのこです。肉はステーキだったり、ミンチだったり、ササミだったり、たまにお魚だったり。野菜はレタスなどの葉物をサラダで食べるか、味噌汁にきのこと野菜を多めに入れるなどするのが定番。ちょっとたんぱく質が足りないなと感じたらゆで卵を追加で食べています。夜は卵の黄身は食べても二個以内に収めてそれ以上食べるときは白身だけにしています。(脂質を抑えるため)夕食は脂質をできるだけ控える方がいいとトレーナーさんからはアドバイスを受けますが、私はそれほどシビアに減量するという目的ではないので、ある程度聞き流して夜の脂質はそれほど気にしていません…。

S__1253432

【糖質制限をやってみて】

実際たべられるものは肉魚野菜きのこくらいなので、バリエーションはあまりないですが、今回の人生初の糖質制限は、自分が食べるものの栄養価についてよく考え見直す良いきっかけになりました。

糖質制限は一人でしていると、結構適当になってしまうと思います。というか私の場合は一人だと意思が弱くてぜんぜん徹底できません。まぁちょっとくらいいっかーとか、今日は自炊が面倒だから適当に食べて帰ろうとか、今日は忙しかったし仕方ないかーとか、自分に言い訳してはパンやごはんを普通に食べてしまいます。でも、ボディークのように食事指導をしてくれて、毎回ラインで食べたものを報告しないといけないとなると、忙しくても計画的に食べるものを準備しようとする意識が高まりますし、ちょっと出先でうっかりNGなものに手を出してしまったりすると、つかさず注意、指導してくれますので気が引き締まりますw

S__1253435S__1253434

そして自分では気をつけているつもりでも、もうちょっとこうした方がいいですよ、とかアドバイスをもらえるので、甘い部分は指摘してもらえてそれもモチベーションUPにつながります。きちんとバランスよくいい内容の食事が摂れているとほめてもらえるので、それもうれしくて励みになります。やっぱり何か頑張ってやっている時に、いいですねーとか、すばらしいですねーとか、認めてもらえるとやる気につながります。これはさすがに一人ではできないことです。

また、食事制限で行きずまったり体調に変化があって不安な場合などもラインで気軽に相談できます。何を食べたらいいかのアドバイスはもちろんですが、こういう時はこういうサプリメントがいいとか、ラインですぐに聞けてサポートしてもらえるのがとっても助かります。

何よりきちんと知識のあるプロが指導してくれるので、自己流で行うよりも安心ですし、筋トレとの相乗効果でとっても効率的!やっぱりそれが一番ですよね。

 

バンコクBODIK(ボディーク)での二週間後の結果を大公開!

では最後に、BODIK(ボディーク)のトレーナーさんたちにサポートしてもらいながら何とか二週間の糖質カットをできるだけ頑張り、プラスボディークで計3回トレーニングを行った結果がどうだったかというと…。

S__1245270

トレーニング4回目の時までの測定値

じゃーん!!

約二週間で見事体脂肪率マイナス3.4%
体重マイナス1.7キロ!!

筋肉量はプラス0.3キロで微増!
なので順調に脂肪が減っているということです!!

私は体重はあまり気にしていないのでどうでもいいのですが、体脂肪率が無事減っていたのでほっとしました。体は正直で、きちんと食事に気を遣っていると数値に表れてくるってことですね。食べる物って本当に大事です。

私はもともとスタイルいい訳でもないし、太くもなければ細くもないけどどちらかというと下半身太りというタイプです。自分はほっそりすらっとした体型にはなれないと悟っているため、筋肉があって程よく脂肪もある健康的な体を目指しています。

体脂肪率が減って、確かに背中や下半身の脂肪が少し減って身体が軽くなったような気が自分でもしています。でも見た目はそんなに変化ないように思うのですが、旦那にはちょっと細くなって前より筋肉が見えると言われるのでたった二週間でも効果は抜群なようです。まだもうちょっと絞れそうなので、引き続き食事にも気を遣いつつ頑張りたいと思っています。2ヶ月コース終了後の自分がどうなっているか楽しみです。

 

最後に

ということで、まりこは目下BODIK(ボディーク)で肉体改造中ですが、効率的に身体づくりをしたい、ダイエットしたい、食生活が乱れていて運動不足だから一度リセットしたい、という方にはBODIK(ボディーク)はとってもオススメです。自己流で筋トレしているけどイマイチ結果が出ないなという人にもぴったりだと思います。

バンコクには美味しいカフェやレストランがたくさんあって食べ歩くのも楽しいですが、一度二ヶ月短期集中で自分の食生活と身体に向き合ってみるのもいいと思います。
食べ物の甘〜い誘惑を我慢するのは大変ですが、何もせずに理想のプロポーションを手に入れられるだなんてそんな上手い話はありません。BODIK(ボディーク)のトレーナーさんの指導のもと、きちんと低糖質高タンパクの食事を続けて、トレーニングを受けるだけで、内面から健康的で美しい身体が手に入るのですから、エステやスパで自分磨きをするよりも長期的に見て自分のためになると思います。

せっかく常夏の国タイに住んでいるのですから、いつでも自信を持ってビキニになれるような身体を目指して一緒に頑張りましょう!筋トレ女子仲間募集中〜!

ボディークに興味のある方はまずは一度、無料体験へ

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply