タイのレストラン

バンコクのオムライス屋さん Omu おむ

バンコクで日本のオムライスが食べられるお店『Omu』おむ。我が家がちょくちょく利用しているレストランで、日本のふわとろオムライスが気軽に食べられるお店です。

うちの旦那は、日本の食べ物は大体何でも好きなのですが、特に三大お子様メニューのオムライス、カレーライス、ハンバーグが大好物。「まりこちゃん、今日は日本食が食べたいからオムライス食べに行こうよ!」ってな感じでよく食べに行きます。日本人的にはオムライスって日本料理というか洋食屋さんのメニューなので日本食=オムライスという点にいつも違和感を覚えるのだけど、日本で生まれた洋食メニューは外国人にとってはもはや日本食なのであります。

おむはバンコクに6店舗展開しているオムライス屋さん。本店はエカマイにあります。私はセントラルワールド店と、シーロムコンプレックス店をよく利用します。オーナーさんはタイ人の方ですが、日本に留学中にオムライスに惚れ込んで帰国後タイで日本人の奥様とお店を始めたのだとか。日本のオムライスを忠実に再現してくれているので、日本で食べるオムライスと同レベルで美味しいです。

日系レストランが溢れているバンコクで、オムライスのメニューを提供しているお店は他にもたくさんありますが、こちらのお店の最大の魅力はLava Styleのふわとろオムライスが食べられるところだと私は思います。Lava Styleとは、チキンライスの上に卵が乗っていて、卵の部分にナイフで切り目を入れるとトロ〜リと半熟卵がとろけてチキンライスの上にうまいこと半熟卵がかぶさるあのオムライスのことです!ああいう卵ってなかなか家庭では再現するのが難しいですよね。『おむ』では、日本さながらの本格的なふわとろオムライスがお手軽価格で食べられるのです。

omu-bangkok-3193

おむのメニュー

オムライスは、ケチャップ、トマトソース、デミグラスソース、クリームソース、ハヤシソース、カレーソース、和風などなど種類豊富。タイカレーソースのオムライスなんていうのもあります。オムライスは全てプラス20バーツでふわとろのLava Styleに変更できます。

 

お値段は一番安いケチャップオムライスで110バーツ。だいたい200バーツ前後です。

例えば、自家製トマトソースオムライスLava Style(160バーツ)に、スープ+サラダ+ドリンクがついたSET C(70バーツ)を頼んで合計230バーツ+税金とサービスチャージです。日本円で千円以下で、ふわとろオムライスをセットで食べられるので、コスパはいいと思います。

セットのスープは日によって卵スープだったりコンソメスープだったり、基本はあまり具が入ってないようなスープですが、たまにカボチャスープやコーンスープがセットのスープで出てきます。恐らくスープメニューにあるこれらのスープが余っている時とかにセットスープとして提供されるのでは?と勝手に思っています。

セットのサラダは日本でもよく出てくる小さいサイズの普通のレタスサラダですが、こちらのお店のサラダはいつもシャキシャキしていて美味しいので、サラダ付きにします。ドレッシングも美味しいです。

omu-bangkok-5156

オムライス以外にもパスタメニューがあり、こちらも日本のパスタ屋さんの味がして落ち着く味です。その他にはコロッケやフライドチキンなどのサイドメニュー、スープやサラダ、ケーキなどもあり、何を食べても大きく失敗することがないのが、私がこのお店が好きなポイントです。

 

おむおすすめメニュー

私のお気に入りのメニューは、シンプルな「自家製トマトソースオムライス」、さっぱり和風味の「おろし大根と豚しゃぶの和風ソースオムライス」、意外に大きいサーモンが入っている「サーモン、ほうれん草とコーンのクリームソースオムライス」です。こちらのオムライスは日本のオムライス専門店よりも中身のご飯は少なめな気がしますが、私には丁度いい大きさです。シンプルなオムライスを頼む時は+20バーツでふわとろLava Styleにしますが、上にトンカツとかサーモンとか重めのものが乗っているメニューを頼む時はLava Styleにすると食べきれないので普通で頼むことが多いです。トッピングもできます。たまに旦那がハンバーグのトッピングを頼むのですが、出来上がりまで20分かかりますがいいですか?と、いつも聞かれます。理由が気になる。

omu-bangkok-2087

サイドメニューの中では、『いろいろきのこサラダ(おむオリジナルハーブドレッシング)』が好きでよく頼みます。オニオンが効いたドレッシングがめっちゃ好みの味でこのドレッシング売って欲しいくらい。家で再現しようと試みましたが撃沈でした・・・。

こちらのお店はポイントカードもあります。我が家はちょくちょく行くのでポイントカードも作りました。ポイントカードを作るのに会員費50バーツか必要でしたが、作るときに100バーツ分の割引券がもらえます。300バーツ1ポイントで、10ポイント貯まるとおオムライスかパスタが一皿無料になります。そして毎月第3火曜日がオムライスの日で一皿注文するともう一皿が無料になります。こちらHide away cafeでも使える共通ポイントカードとのことです。

omu-bangkok-05340

まとめ

バンコクでふわとろオムライスを食べるなら私はおむが好きです。最近はポムの樹もバンコクにありますが、私は断然おむ派です。お店の雰囲気もおむの方がおしゃれで可愛いし。

バンコクで日本のオムライスを食べたくなったら是非行って見てください。

Mariko

ABOUT ME
Mariko
日本で国際結婚をし、2014年にタイへ移住を決意・実行中です。バンコクでは現地採用として働いています。ホテル巡り・カフェ巡り・筋トレ好き。このブログでは、タイのホテルレビューや旅行者向けの情報をはじめ、タイの移住・就職・生活情報などについても更新しています。インスタグラムも日々更新しているので、気軽にフォローしていただけると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です