タイのホテル

マンダリンオリエンタルバンコクス テイケーションの朝食 2020年

マンダリンオリエンタルバンコクのステイで楽しみの一つといえば朝ごはんですよね。今回は、朝食の様子を紹介します。

マンダリンオリエンタルバンコクの朝食マンダリンオリエンタルバンコクの朝食会場は、アラカルトのオーダー形式で食べられる「ザ・ベランダ」とブッフェスタイルで食べられる「リバーサ...

朝食会場The Verandahの雰囲気

朝食会場は、チャオプラヤー川に面したテラス席がある The Verandah で頂きます。室内席もありますが、乾季は過ごしやすいのでテラス席がお勧め。

チャオプラヤー川を行き交う船を眺めつつ頂く朝食は、バンコクならではの南国情緒を味わえます。

マンダリンオリエンタルバンコク朝食の内容

現在はコロナウイルスの影響でゲストが少ないこともあり、私が宿泊した日はテーブルオーダー式でした。(ゲストが比較的多い週末などは一部ビュッフェ形式になっているようです。)

メーニュから好きなものを選び放題なんて贅沢〜。メニューに値段書いてるから若干心配になって思わず「別料金かかりませんよね?」って確認しちゃいましたw 大丈夫です、全てのメニュー頼み放題で別料金はかかりません。

朝食の定番メニューから、ベジタリアン向けのメニューや、ヘルシーなメニューもあり目移りしまくりましたがなんとか数品に絞ってオーダー。

パンが欲しいと言うとこんな風に席まで持ってきてくれました。

パンが美味しすぎたらしく、旦那氏は二回もおかわり。

こちらは旦那チョイスのエッグヴェネディクト。盛り付けも美しいしお皿も熱々。

 

こちらは私がチョイスしたキヌアにアボカドと卵が乗っているメニュー。

 

そして私はアサイーボウルも頼みました。見た目も可愛くて美味。

コーヒーも美味しかったです。お茶もTWGだから美味しいしね。グリーンジュースやココナッツウォーターなど、ドリンク類も充実。スパークリングワインもリクエストすれば持ってきてくれるようでした。「みんな日本人はシャンパンって言ってるけど、シャンパンではなくあれはスパークリングワインだよ。」と、シャンパンの国からやって来た旦那がぼやいておりました(笑)シャンパンとは、シャンパーニュ地方で作られたもののみを指すんだそうですw

そしてそして、この日は旦那の誕生日だったので、テラスでまったり過ごしていたらハッピーバースデーの曲を歌いながらスタッフの方がこんなに可愛いフルーツの盛り合わせを持ってきてくださいました!旦那もご満悦。よかったな〜

マンダリンオリエンタルバンコク朝ごはんのまとめ

ということで、テーブルオーダーの朝食は私的にとっても満足度が高かったです。以前泊まった通常のビュッフェより私は断然テーブルオーダーが良いな。

ただし、一品がそれなりに大きいのでたくさんの品数を制覇したい人にとってはやっぱりビュッフェの方が嬉しいのかな。私はたくさんの種類よりも、クオリティ高いものを数品食べられる方が満足するタイプなのでとっても良かったです。

リバーサイドで贅沢な朝食、最高でした。

 

Mariko

ABOUT ME
Mariko
日本で国際結婚をし、2014年にタイへ移住を決意・実行中です。バンコクでは現地採用として働いています。ホテル巡り・カフェ巡り・筋トレ好き。このブログでは、タイのホテルレビューや旅行者向けの情報をはじめ、タイの移住・就職・生活情報などについても更新しています。インスタグラムも日々更新しているので、気軽にフォローしていただけると嬉しいです!

COMMENT

Your email address will not be published.