ブルージュ旅行記

ブルージュのおすすめホテル ホテルデュークパレス (Hotel Dukes’ Palace)

ベルギーの古都ブルージュは、石畳と中世の街並みが美しい歴史地区が世界遺産に登録されています。今回は、ブルージュ旅行で宿泊した、歴史あるお城を改装して作られた『ホテルデュークパレス (Hotel Dukes’ Palace) 』について紹介します。

ホテルデュークパレスとはどんなホテル?

こちらのホテルは、15世紀に公爵の館として使用されていたお城を改装してつくられた五つ星ホテル。建物自体にも歴史的価値があるのはもちろん、ヨーロッパらしさを満喫できるホテルなので、ホテルステイ自体を楽しむことができます。

ホテルデュークパレスへのアクセス

ブルージュ観光の中心地、マルクト広場から徒歩数分の場所にあります。ブルージュの観光拠点としてはとても便利な立地です。ホテルのそばにはスーパーマーケットもあるのも嬉しいポイント。

ブルージュの駅からはタクシーで10分くらいの距離です。

ホテルデュークパレスの受付ロビー

ゲートをくぐってホテルの建物に入ると、まずは受付カウンターがあります。ここでチェックインの手続きと朝食などの説明を聞きます。因みに、ブルージュは観光客が行くような場所では普通に英語が通じます。

一階にはラウンジエリアがあり、ソファーなどが置かれているので宿泊客は自由に寛ぐことができます。

置いてある調度品がどれも素敵で絵になります。

チエックインが済んだら、いざお部屋へ。

ホテルはいくつかのエリアに分かれていて、部屋へ行くまでの道で迷ってしまいそうなくらい。建物自体は古いですが、内装は明るくヨーロピアンモダンな雰囲気です。

ホテルデュークパレスのお部屋

今回私が泊まったお部屋タイプは、一番普通のルームタイプ「スーペリアルーム(シティービュー)」です。

ベッドルーム

白と暖色系が上手く組み合わさったインテリアで、落ち着きのある空間。スタンダードなお部屋でもスーツケースを広げられるスペースは十分ありました。ベットの寝心地も申し分なし。

バーカウンター

バーカウンターには、ネスプレッソのマシンがありました。私はコーヒー好きなので嬉しい限り。

冷蔵庫の中には、有料ですがコーラやジュースなどの他に、ベルギーのビールも入っていましたよ。水のペットボトルは3本あっただけだったので、飲み水は近くで調達してきた方がいいでしょう。(ホテルの近くにスーパーがあります)

クローゼット

クローゼットには、バスローブやセキュリティーボックスなども揃っています。

バスルーム

白と黒のモダンで清潔感あるバスルームは、シャワーブースとは別にバスタブもついています。観光で歩き疲れた後にはゆっくり湯船に浸かりたいですからね。やっぱり私はバスタブがあるホテルが良いです。

アメニティーはシャンプーコンディショナー、シャワージェルなどが一通り揃っています。ソープ類は使い心地も良かったです。

お部屋からの景色

お部屋からの眺めも素敵でした。高層階建てではないので、上から見下ろすって感じではないのですが、ブルージュの街並みはとにかく可愛くてハリーポッターの世界に出てきそうな雰囲気で、窓から外を眺めているだけでときめきます。

ブルージュのランドマークでもあるマルクト広場にある鐘楼がよく見えました。

ホテル内レストラン Dukes’ RESTAURANT

今回の滞在では、ディナーでホテル内レストランを利用しました。当日に予約したのですが、予約が埋まっているとのことで早めの時間の6時半でしか予約ができませんでした。レストランを利用したい場合はなるべく早めの予約が良さそうです。

こちらのレストラン、クラシカルな雰囲気で一見お高そうですが、思ったよりもずっとリーズナブルでした。

こちらのレストランのシェフは、以前ミシュランの星付きレストランで働いていた方らしく、お料理のクオリティーも高かったです。

まずは食事の前にパンをサーブしてくださいます。スタッフの方がバスケットに入った数種類のパンを持ってきてくれるので、その中から好きなものを頂きます。ヨーロッパはバターがおいしいですよね。ついついバターをたーっぷり塗ってしまいます。

お料理は、魚介やお肉などのメインが30€位から頂けます。

ウサギとか、キジとか、鹿とか、日本ではなかなか食べられないようなジビエ料理があったので、今回私はキジのお料理を、旦那は鹿のお料理を頂きました。

お肉は臭みもなく、とっても美味しかったです。こういうお肉はフルーティーなソースがよく合います。

一緒に行った義母は、白身魚のリゾットを食べていましたがコレもとっても美味しいと言っていました。

スイーツ男子は、昼間のブルージュでのワッフル食べ歩き活動の後にもかかわらずデザートまできっちり堪能。デザートも、スイーツ男子によると、めっちゃ美味しかったそうです。

こういうお店って、バンコクで食べると倍くらいはするんじゃないかと思います。バンコクはハイソ向けのレストランは最近どんどんお高くなってきている印象。同じヨーロッパでもパリとかだと高いですが、ブルージュは比較的リーズナブルにこんなに美味しいものが食べられて感激しました。こちらのレストランとっても美味しかったのでおすすめ!

まとめ

ホテルデュークパレスは、ブルージュ観光の拠点にぴったりな便利な立地にあるお城ホテル。公爵のお屋敷を改装しているホテルというだけあって、ゴージャスでヨーロッパならではの雰囲気が詰まっているので、ホテルステイ自体を楽しめます。

同じようなファシリティーのホテルにパリで泊まろうとすると多分三倍くらいのお値段はするかと思います。そう思えばリーズナブル。サービスも良く総合的にとても満足したので、またブルージュに来るときは再訪したいなと思います。

関連記事
ホテルデュークスパレスの朝食(HOTEL DUKES’ PALECE)

【ホテル情報】
ホテルデュークスパレス (Hotel Dukes’ Palace)
Website : hoteldukespalace.com
Instagram : instagram.com/hoteldukespalace/

 

Mariko

ABOUT ME
Mariko
日本で国際結婚をし、2014年にタイへ移住を決意・実行中です。バンコクでは現地採用として働いています。ホテル巡り・カフェ巡り・筋トレ好き。このブログでは、タイのホテルレビューや旅行者向けの情報をはじめ、タイの移住・就職・生活情報などについても更新しています。インスタグラムも日々更新しているので、気軽にフォローしていただけると嬉しいです!