タイ生活

パヤタイ駅近くのおしゃれカフェ Factory Coffee Bangkok

BTSパヤタイ駅近くにあるオシャレカフェ Factory Coffee Bangkok (ファクトリーコーヒーバンコク) は、一風変わった創作コーヒーを楽しむことができるオシャレカフェとしてバンコクっ子に人気のお店です。

Factory Coffee Bangkok への行き方

お店はBTSパヤタイ駅から歩いて5分もかからないくらいの場所にあります。

BTS線路沿いの道路に面した場所にありますのですぐにわかります。

4番出口を出て、横断歩道を渡ります。

あとはまっすぐ進むだけ。

バンコクは特に日中暑い時間帯は、駅から徒歩10分とかだともう汗だくになってしまうのですが、これくらいの近さなら駅から歩いて行ってもまだ大丈夫。

Factory Coffee Bangkok の雰囲気

こちら人気のカフェなのでこの日も店内はほぼ満席でした。
ちなみに行ったのは日曜日のお昼すぎ。

店内は素朴ながらもクールでおしゃれな空間。
椅子の座り心地がイマイチなので、私的には長居するようなタイプのカフェではないという感じですが、ノートパソコンを広げて何やら作業をしているお客さんが多いです。

こちらのお店セルフサービス式なので、まずはレジで注文。

コーヒーメニューは100バーツから150バーツくらい。
コーヒー以外のスムージーやお茶のメニューも色々あります。

今回注文したのはシグネチャーメニューの Supreme 150バーツ と White Citrus 120バーツ。

お金を払って番号札を受け取り席で待ちます。
番号札にさりげなく空き瓶を使ってるのがまた洒落てます。

店員のお兄さんがコーヒーを丁寧に作っている眼差しが真剣。

こちらのお店は National Thailand Barista Champion に輝いているのだとか。
どれくらいすごいのかはよくわかりませんが…。

しばらくしてドリンクが運ばれてきました。

こちらは Supreme 150バーツ
目の前でこんな風にワイングラスに注いでくれます。

お味はほんのり甘みがあって一口飲むとシナモンなどのスパイス系の香りがコーヒーの風味と絶妙なハーモニーでお口の中に広がります。

こちらは White Citrus 120バーツ
シトラスの文字どおりスッキリ爽やかなお味。
リキュールが効いていてほんのり甘い大人のコーヒーって感じです。

どちらも爽やかな味のコーヒーで、常夏のバンコクにはぴったり。

店内ではコーヒー豆なども販売しています。

お値段設定は割と高めなので高級豆ですね。

Coffee Blossom Tea なんていうちょっと珍しいお茶も売っていました。

Cold Brew もこんな感じで瓶入りで販売しています。
ブラック2種類にミルク入りのものもありました。

ホットの飲み物も飲みたくなったのでもう一杯追加オーダー。
今度は普通にカプチーノ(100バーツ)を注文しました。

爽やかなシトラス系の風味が感じられるコーヒーで私の好きなタイプの味。

このお店、木のトレイは全部イケアのものを使っていました。
このトレイ可愛いから欲しいな。今度イケアへ行く機会があったら買おうっと。

小腹が空いたのでスコーンを注文。
こちらのお店フードはあまりありません。
この日はブラウニーなどの焼き菓子系が3種類しかありませんでした。

ちょっと残念なのがこちらのお店、スコーンなどを温めるときに電子レンジでチンするところ。
焼き菓子温めるのなら個人的にはオーブン使って欲しいなぁ〜
スコーンの味は普通で悪くないのだけどね。

コーヒーとお茶菓子、両方にこだわっている美味しいカフェってなかなかないんですよね。
私が食い意地はってるだけかな?

 

Factory Coffee Bangkok のまとめ

こちらのお店は普通のコーヒーとは一味違ったコーヒーが楽しめるので、コーヒー好きも、普段はあまりコーヒーを飲まないという人も楽しめるカフェだと思います。
パヤタイ駅ってあまり何もないですが、お店は駅から割と近いしサイアム駅からは2駅しか離れていないので、サイアム周辺まで来たときにこちらのカフェまで足を伸ばしてみるのもいいと思います。

Factory Coffee Facebook : https://www.facebook.com/factorybkk

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply