バンコクのおすすめバー

タイの伝統音楽を楽しめるお洒落バー TEP BAR

私、お酒は弱くてあまり飲めないのだけど、雰囲気を楽しめるバーへ行くのは割と好き。ずっと前から一度行ってみたいと思っていた、バンコクの中華街ヤワラー方面にあるタイの伝統音楽を楽しめるバー「 TEP BAR 」へ行ってきたので紹介します。

TEP BARへの行き方

TEP BAR はバンコクの中華街ヤワラーのエリアにあります。お店があるのは、下の写真の中国語のネオンが眩しい賑やかなメインロードの一つ横の通りです。

ここに NANA という名前の通りがあるのですが、(スクンビット方面のナーナーとは別の場所です)その小さな通りにお洒落なバーやレストランが集まっていて、地元のお洒落バンコクっ子には人気のエリアなのです。

最寄りの駅はMRTのフアランポーン駅です。私はタクシーで直接向かいました。移動の際にはよく Grab Taxi を使っています。

TEP BARの雰囲気

まず、お店が結構な路地裏にあります。

通りにさりげなく看板が出ているので、それに従って恐る恐る薄暗い道を奥へと進んでいくと打楽器を演奏しているような音楽がだんだんと耳に入ってきます。そしてその音楽が聞こえてくる場所が、目的地の「TEP BAR 」

この日は土曜日の9時前にお店へ行ったのですが、ほぼ満席の状態でした。

一階にはバーカウンターがあり、ライブ演奏も一階で行われています。

運良く二階席が空いていたので、待たずにすぐ案内してもらえました。

二階席はお座敷のようになっている席とテーブル席とがあります。

お店はそれほど大きくはないです。どちらかというと狭苦しい感じなのですが、それがまたバンコクっぽくてなかなか良いです。長めのテーブルもあるのでグループでも利用できますが、人数が多い時は予約した方がよいでしょう。

二階席からは、下で演奏しているところをちょうど見下ろすことができます。

TEP BAR はタイの伝統音楽を楽しめる

こちらのお店の最大の特徴は、タイの伝統的な音楽を楽しめるという点です。

よくバンコクの高級ホテルのロビーなんかで伝統楽器の「キム」を演奏しているところを見かけますよね。私はタイの伝統楽器というとああいうおしとやかな音を奏でているイメージだったのですが、こちらではバンド演奏ということもありとってもグルーヴィーで躍動感を感じられるようなパフォーマンスでした。

みんなが知っているようなポピュラーソングをタイ風にアレンジして演奏していたり、トラディショナルな曲だったりと色々な演奏を聞くことができてとっても楽しめました。次来る時は、一階席の奏者に近いところに座って楽しみたいな。

本格的なカクテルとタイのハーブ酒ヤードンを楽しめる

こちらのお店、カクテル類も本格的で美味しかったです。お値段はちょっと高めで一杯300バーツ前後のものが多かったですが、その分丁寧に作られていてタイらしくオリジナリティーを感じられる個性的なメニューが揃っていました。

タイのお酒、メコン (Mekhong) を使ったカクテルのグラスには金箔がキラリ。

続いてこちらは、タイのお正月に行われる水かけ祭り「ソンクラン(Songkran)」という名前のカクテル

金色の立派な器はキンっキンに冷えていて、正にソンクランという名にぴったり。お味はパッションフルーツ系。

そしてこちらのお店、タイのハーブ酒「ヤードン」が飲めるお店としても有名です。聞いた話によると、ヤードンとは日本でいう「養命酒」みたいな感じのお酒らしいです。

お酒が弱い私は今回頼みませんでしたが、飲める人ならトライしてみるといいと思います。

まとめ

TEP BAR は、タイの伝統文化を伝えていきたいという想いでつくられたお店だそうで、タイの伝統と若者の感性がうまくミックスされた独特な雰囲気を感じることができるバーでした。数年前にオープンしたばかりの時は結構話題になっていたのですが、今も人気のお店のようです。

こちらのお店は本格的なタイ料理も提供しているので、レストラン的にも利用できますし、二軒目として飲みに行くお店としてももちろん使えるお店です。音楽が結構ガンガン鳴っているので、静かに飲みたい人には向きませんが、タイならではのお店を探している方にはぴったりだと思います。

私が行った日は11時位にお店を出たのですが、その頃にはお店の前にウェイティングの列が!土曜日だったからというのもあると思いますが、人気のお店なので、早めの入店か予約を入れておくとベターだと思います。

【店舗情報】
TEP BAR
Instagram : https://www.instagram.com/tep_bar/
Facebook : https://www.facebook.com/TEPBARTH
営業時間:日〜木曜日17:00〜24:00 / 金・土曜日17:00〜1:00AM

Mariko

No Comments

Leave a Reply