タイのホテル バンコク旅行記

メルキュールホテルバンコクスクンビット11

バンコクのBTSスカイトレイン、ナーナー駅近くにあるメルキュールバンコクスクンビット11(Mercure Bangkok Sukhumvit 11)は、アソーク、ナーナー周辺が主な行動範囲となる人には便利な立地のホテル。ナイトスポットの中心地にあるため、バンコクの夜を存分に楽しみたい人にはぴったりの滞在先です。

メルキュールバンコクスクンビット11への行き方

メルキュールバンコクスクンビット11ホテルは、その名の通りスクンビットソイ11にあります。
最寄駅はBTSのナーナー駅  (Nana) です。

行き方は、スクンビットソイ11の通りに入ってあとはまっすぐ進むだけです。
このソイは、バーやクラブが立ち並んでおり、昼間は割と静かですが夜は賑やかになるソイです。

駅からゆっくり歩いて10分弱で右手にメルキュールバンコクスクンビット11ホテルが見えてきます。

 

通りから見た建物の外観はこんな感じです。

 

ホテルからはこのトゥクトゥクのシャトルサービスがあり、朝7時〜夜8時まで1時間ごとに、ナーナー駅 → バムルンラード病院 → ソフィテルバンコクスクンビットホテル まで行くことができます。

残念ながらナーナー駅からのピックアップサービスはなく、シャトルサービスの時間以外にはトゥクトゥクに乗せてもらえませんでした。
大きなスーツケースがある場合はタクシー利用がいいでしょう。

一階のエントランス部分は内装も凝っていておしゃれ。

エントランスを進んだ先にある受付がこちら。
カウンターが3つあるだけのコンパクトな造りでアジアンモダンな空間です。

今回はクラブフロアに宿泊だったため、チェックインは16階のラウンジで行いました。

エレベーターの内装や部屋番号の案内板に描かれている絵などちょっとした部分にタイらしいデザインが散りばめられいて、でもモダンにアレンジされているので、タイらしさとバンコクの都会な雰囲気がうまく両立しています。

メルキュールホテルバンコクスクンビットのお部屋

 

ご予約

事前決済でお得
Agoda で料金チェック

メルキュールホテルバンコクスクンビット11

今回泊まったお部屋は KING BED SUITE というカテゴリーのお部屋です。

入り口のドアを開けると、広々としたリビングが

こちらはリビング側のバスルームです。

バスタブも大きめで、男性でも足を伸ばして入れる広々サイズ。

続いてこちらがベッドルーム
こちらも十分な広さで、開放感があります。

ベッドルームの奥にはクローゼットと鏡台、そしてもう一つのバスルームが。

こちらのバスルームはシャワーブースのみでバスタブはありませんが、二人同時にシャワーもしくはお手洗いにに行きたい時は便利です。

室内のインテリアは、シンプルモダンな雰囲気。
この少しくすんだ朱色と黄色というか、からし色がアクセントカラーで、その他はウッド調の落ち着いた配色になっています。

こちらのスイートルームは、広さ936フィート(約87平方メートル)。
部屋で軽く運動できるくらい十分な広さがあります。

メルキュールホテルバンコクスクンビットのアメニティー

冷蔵庫の中の飲み物は無料のコンプリメンタリでした。
ミネラルウォーター、スパークリングウォーター、ジュース類が3種類ありました。

コーヒーマシンはボンカフェのものが置いてありました。
その他は、水のボトルに普通のインスタントコーヒー、紅茶などが。

続いてこちらはバスルームのアメニティー

歯ブラシやコーム、シェービングキットなど必要なものは一通り揃っています。

シャンプーイントリートメント、シャワージェル、ボディーローションなどもすべてメルキュールブランドのものです。
使い心地もまずまずでした。

また、チェックインの際にウェルカムドリンクのチケットをもらいました。
ALEX という一階に入っているレストランにて、無料ドリンクがもらえます。(当日のみ有効)

その ALEX の食事メニューはルームサービスで注文することもできます。

でも、もちろん下のお店で食べに行った方が安いので、このお店の料理が食べたいなら一階レストランの利用が良さそうです。

せっかくなのでウェルカムドリンクを頂きに一階のALEX へ行ってみました。
ドリンクは、タイのビールかハウスワイン、ソフトドリンクのチョイスでした。

とりあえず選んだビールが結構ミニサイズだった。

こちらはオレンジジュース

こちらのレストランは雰囲気も良く、デート使いしている方が多かったです。
何か食べ物でもオーダーしようかとメニューをめくって見たものの、あまりお腹が空いておらずピンと来るものがなかったため、今回は結局何も頼まずお店を後にしました…。

お部屋に戻ると、すっかり日が暮れて夜の景色が綺麗でした。

16階なのでそこまで高層階ではありませんが、ナーナー界隈を眺める機会が私は今までなかったので、周辺を観察しながら結構楽しめました。
この辺りも建設中のホテルやコンドミニアムがたくさんあります。

メルキュールホテルバンコクスクンビットのプール

こちらのホテルはプールももちろん完備しています。
夜に向けてお昼はゆっくり過ごす、なんて人はプールサイドでカクテル片手にまったりするのもアリでしょう。

この日はいい天気だったこともあり、プールサイドは日焼けを楽しむ欧米人客が多かったですが、泳いでいる人はほとんどいませんでした。

プールはこの規模のホテルにしては広々していると思います。

そしてプールの隣にはフィットネスジムがあります。
新しいマシンが揃っていて使い心地良好。

コンパクトなジムですが、これだけ揃っていれば文句なし。

タイのホテルはジムが充実していて筋トレ女子には嬉しい環境です。

メルキュールホテルバンコクスクンビットの周辺情報

ホテルがある通り、スクンビットソイ11には、外国人観光客にも人気の Sugars, Levels, Insanity といったクラブがあります。
夜は人通りも多く、クラブの音楽がガンガン鳴ってたりしてちょっと騒がしいですが、この辺りで遊ぶ人にはこのホテルはとっても便利だと思います。

また、ホテルのすぐ近くにバンコクベストバーガーとして有名なダニエルタイガーのお店もあります。

以前ブログで紹介した、フランス人に大人気のレストランオスカービストロもこのソイにあります。

そして人気のステーキハウス、エルガウチョ (EL GAUCHO)もホテルの一階に入っています。

昼間は開いているお店が少ないので静かです。

近くにセブンイレブンもあり、ちょっとした買い出しにもすぐ行けちゃいます。

セブンイレブンには薬局も併設されていました。

まとめ

メルキュールホテルバンコクスクンビット11は、人気のナイトスポットへすぐにアクセスできる場所にあり、バンコクの夜を楽しみたい人にはオススメのホテルです。モダンでスタイリッシュな雰囲気のホテルなので、女子ウケも良いハズ。
ナーナー周辺でホテルを探しているなら選択肢の一つにしてみてはどうでしょうか。

Mariko
http://marikochan.jp/bangkok-suit/

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply