カオラック旅行記

カオラックセンターとバンニャンマーケット

私が好きなタイの静かなリゾート地カオラック。前回の滞在時は、カオラックの中心地からマーケットまで散歩がてら散策してきました。

買い物やレストランで食事ならカオラックセンター

カオラックで一番栄えているのは「カオラックセンター」と呼ばれるエリア。

ここにはスーパーやレストラン、お土産屋さんなどが軒を連ねています。カオラックのホテルに滞在すると、大抵どこのホテルでもカオラックセンターまでのシャトルサービスがあります。

今回まりこは、滞在ホテル「JWマリオットカオラック」の隣にいたローカルタクシーのおじちゃんに交渉して、往復500バーツで送迎して貰いました。(帰り時間は未定だったので電話番号をもらって夜迎えにきてもらいました)

カオラックセンターには、マクドナルドもあるし

そこそこ立派なスーパーマーケットもあります。

バーやレストランはもちろん、おみやげ屋さんもあります。

ビーチウェアなどを販売しているお店が一番多いですが、バンコクと比べるとお値段はちょっと高め。

最近はオシャレな雑貨店なんかもこのエリアで見かけるようになりました。

ロティを売っている屋台があったり、荷台に乗るタイプのタクシーもたくさんいます。

カオラックのタクシーはリゾート地のため割高です。JWマリオットカオラックからカオラックセンターまでのタクシー料金は基本300バーツのようでした。

この日は、カオラックセンターにあるオシャレカフェ、「 YELLOW SNAIL CAFE & GALLERY 」「 THE EIGHTH ROOM 」をハシゴ

そこからはノープランだったのですが、近くにあるバンニャンマーケットへ行ってみようということになりました。

で、グーグルマップで確認すると徒歩30分くらいの距離だったので、タクシー高いし乗るのも悔しいから歩いて行ってみよう!ってことに。(後で後悔w )

道路脇に自転車専用の道路が併設されているので、安全に歩けます。

昔はこんなものなかったんですけどね。カオラックも徐々に進化してます。

このながーい一本道をひたすら進みます。初めは気分良く爽やかに歩いてたんだけど、10分くらいしてから疲れてきました(笑)ちょっと日が射してくるとあ、暑い…。この日はまだ曇りがちかつ陽が落ち始めた時間帯だったのでよかったものの、真昼間だと歩くのは厳しいかな。

のどかな風景が広がります。

地元の子供達が元気に遊んでいたりして、平和な時間が流れています。

思ったより長く感じた30分間のウォーキングを経て、なんとかバンニャンマーケットへ到着!(汗だく)

バンニャンマーケット

こちらのマーケットは毎日開催さている訳ではなく、月・水・木・土曜日のみの開催です。営業時間は 10:00〜22:00

ここのマーケットは地元のお客さんと観光客とで賑わっています。

マーケット入ってすぐのエリアは食べ物屋さんが並んでいます。

私的には気になるものは特になく…。バンコクに住んでいる身としてはあまり目新しいものはありませんでした。

旦那がポテト食べると言い出し、このポテトを買ってぽりぽり食べながらマーケット内をぶらぶらしました。

結局ものの10分くらいでマーケット散策は終了。あとから写真を見返したらマーケット内の写真があんまりない…。

それくらい興味を引くものが全くなかったようです(笑)バンコクなどへも行くなら、わざわざ来るほどのマーケットではないですが、カオラックだけで旅行が完結する人にとっては一度見に行って見てもいいかなぁと思います。

で、夕食は近くにある日本料理屋さん「ENZO 」へ行こうとしていたのですが、残念ながらその日は営業しておらず…。

仕方なく、バンニャンマーケットの道路渡って向かい側にあるイタリアンレストランで適当に夕食を食べて帰りました。

まとめ

カオラックの街は見所満載!ってほどの規模ではなく、ゆっくり時間が流れる平和な田舎町です。いいホテルに滞在しているなら別にわざわざ出かけなくったっていいと思います。そんなすごい場所ではないです。

でも、ちょっとローカルな空気も感じたいという人や、カフェやレストランを利用したい際には行ってみるといいと思います。

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply