カオラック旅行記 まりこのタイ

私とタイカオラックの出会い カオラックおすすめホテル

私が初めてカオラック へ行ったのが2010年、そこから現在に至るまで通算13回以上カオラックを訪れています。2014年に、タイへ移住してからは、少なくとも年に一度はカオラックのリゾートホテルに滞在しています。私にとってカオラックはタイと繋がる原点であり特別な場所。今回はそんなカオラックのおすすめホテルをまとめて紹介したいと思います。

カオラックとの出会い

カオラックというタイのリゾート地と出会ったきっかけは、遡ると今の旦那(当時はまだ結婚してなかった)と二人で行った沖縄旅行でした。

その時は予算の都合で那覇のアパホテルに泊まったのですが、部屋が狭くてずっと落ち着かなかったのです。しまいには二人ともイライラして喧嘩になるみたいな(笑)もっとうまく探したら同じくらいの予算でもうちょっとマシな宿があったのではと、今思い返せばそう思うのですが、この苦い思い出がリゾートに魅せられるきっかけとなりました。

「次の休みはどこへ行こうか?」と思っていたら、旦那がカオラックというリゾート地を見つけてきました。

当時のタイはデモが盛んな時期でバーツの両替レートがよく、日本国内旅行よりタイ旅行がとってもお得でした。飛行機のチケットも安く、そのカオラックというリゾート地のホテルもとっても安かったので、あまり何も調べずにタイのカオラック旅行へ出かけました。

【この記事は古い写真が多いため、いつもより写真の画質が悪いです。】

2010年お盆休み初のカオラック旅行

300円で食事ができたビーチレストラン

2010年初めてのタイ、カオラック旅行で泊まったホテルは、『ルメリディアンカオラック』というホテルでした。深夜便に乗って早朝に到着し、すぐにビーチのレストランでご飯を食べに行きました。

そして海を眺めながら、人生で初めて本格的なタイ料理を食べました。

そして立派なお部屋の広さとその高級感の前で感激。あのトラウマになった沖縄のアパホテルの部屋よりも部屋代が安いにもかかわらずこの違い!タイのホテルのコスパの良さにただただ驚いたのを今でも覚えています。(当時のレートで一泊約6000円くらいでした)

カオラックおすすめホテル

部屋が広い

ホテルのプールで遊んだり、ビーチで散歩したり、ビーチレストランで食事をしたりして羽を伸ばしました。

初めてのタイとの出会いは今思い出しても素敵だったな。

上の写真は、昨年気に入って既にに3回も行った Beyond Resort Khaolak の場所。当時はまだリゾートが建てられる前でした。

カオラックの美しいSunset

カオラックのホテルはホスピタリティが高く、日本の画一的なサービスとは違う良さがあって、その魅力にすっかりハマりました。

ルメリディアンのプールは大きくてお気に入りだった

初めてのカオラック 旅行がすっかり気に入った私たちは、2011年のゴールデンウィークにもカオラックへ行くことにしました。その時に滞在したホテルは『ラマダカオラック』 という4つ星ホテルでした。カオラック の中心地から近く、とても便利な立地のホテル。

そしてビーチも静かでとっても綺麗。

アイフォーン4で撮った写真。カオラックの町は、現在でもそんなに変わっていなくてのどかです。

その後も毎年カオラック へバカンスをしに来るようになり、すっかりカオラック のリピーターになった私たち。

そんな中、私たちはめでたく結婚することに!

結婚式とかに全くこだわりがなかった私たちなのですが、一応式くらいは挙げようとは思っていました。で、どこで結婚式をしようかと考え始めたのですが、日本のハリボテ偽物丸出しの教会もどきの結婚式場で結婚式を挙げるのは絶対嫌だ!!フランス人としてのプライドが許せない!!と言う相方(笑)

そして私は和装よりもウエディングドレスを着てみたかったので、じゃあ海外挙式かな?という雰囲気に。で、相方から結婚式するならカオラックはどう?という提案が。

うちは国際結婚なので場所を決めるのがちょっと難しかったのです。フランスで挙式すると日本の家族が来るのが大変だし、日本ですると相方のフランスにいる家族が来るのが大変。

そして日本でもフランスでも、結婚式を挙げるのってまぁ結構なお金がかかります。私は特に日本のブライダル業界に苦手意識が(笑)一生に一度だからという殺し文句のもと、細かいオプション設定でどんどんかかるお金が膨らんでいく仕組みがどうも腑に落ちない。そして披露宴、二次会と大体おきまりの型が決まっているのも面白くない。そもそも私は友達が少ない方だし、相方とは付き合っている期間が長かったのでその間に私の友達は相方のことを既に知っている。だから別に身内だけですればいいか、という結論に至りました。

フランス人は結婚式自体をしないカップルも多いそうで。でも、私たちの場合は結婚式でもしない限りお互いの両親が会う機会もないのでやっぱり式は挙げたかった。カオラックだと、フランスと日本のちょうど真ん中くらいの場所だしコストパフォーマンスも良い、ビーチウエディングなんて素敵〜ってことで、カオラックで結婚式を挙げることにしました。

カオラックのホテルでビーチウエディング

カオラックおすすめホテル

綺麗なお花いっぱい

私達が結婚式をした時期は、カオラック のハイシーズンで最も宿泊客が多い12月でしたが、約一年前に部屋の予約をし、ビーチフロントのプール付きビラのお部屋を確保。ハネムーンでお姫様気分を満喫しました。

この時期からプール付き部屋が好き

リゾートホテル内で、ウェディングドレスを着てフォトシューティング。昔も今も、写真を撮られるのが苦手で大変だった思い出が…。

khao lak hotel

超絶雨女の私は、挙式当日もスコールに見舞われ青い空は拝めず。

カオラックホテル

それでも美しいお花のデコレーションと静かなビーチという最高のロケーション、とってもいい思い出になりました。

khao lak hotel khao lak blog

カオラックでのビーチウエディングは挙式代がたったの8万バーツ。

美しいデコレーションですっかりセレブな気分

その他はお食事代が3万バーツ、ウェディングケーキが8千バーツ、カメラマン代が1万バーツ。日本と比べるととってもお手頃価格でした。

挙式の後はビーチサイドで食事をしました

カメラマンは乾杯ドリンクまでだったので残念ながら食べ物の写真があまりないのですが、私がホテルで食べて好きになったメニュー、エビとマンゴーのサラダを前菜にしてもらいました。私のマンゴー好きはこの頃から変わっていません。

やりとりしていたタイ人のウェディングプランナーの方に、『8千バーツのケーキは小さいけど大丈夫ですか?』と言われていたのですが…とっても立派なケーキが出てきて逆に驚きました。

マカロンタワーのケーキでと、オーダーしておりあとはお任せでした。マカロンがところどころヒビ割れているのはご愛嬌〜w  私は細かいこと気にしないので大満足でした。ケーキもマカロンも美味しかったのに大きすぎて全部食べられなかったのが残念だった。

もう皆さんお分かりかと思いますが、まりことカオラック は繋がっているのです。

カオラック は最近ホテルも増えて来て、ブロガーがPRで来たりすることも多くなってきましたが、私が何度もカオラック へ来ていろんなホテルをブログで紹介している理由は、純粋に8年前からカオラックという地を愛していて、この素敵な場所をもっと多くの人に知ってもらいたいからに外なりません。カオラックについて私ほど詳しいブロガーは多分いないんじゃないかと勝手に自負しています。

カオラックホテル

カオラックでの結婚式

カオラックのおすすめホテル

すっかり前置きの話が長くなってしまいましたが、私たちの原点であり、タイと出会ったきっかけの地でもあるカオラック 。結婚してからも、毎年リフレッシュしに旅行に来ています。

初めて来た2010年と比べるとプーケット空港からの道路も綺麗に整備され、カオラックはとても行きやすくなったと感じます。

ここからは、まりこが今までにカオラックで泊まったホテルの中で特に気に入ったホテル、安心して楽しめるホテルを紹介します。

(残念ながら、結婚式を挙げたホテルは当時と運営会社が変わってしまいヨーロピアン向けのクラブホテルになり今はお気に入りから外れたため載せていません。)

Beyond Resort Khao Lak

ビヨンドリゾートカオラック は、一年に3回も行ってしまったほど気に入った大人専用のリゾートホテル。

全室戸建のヴィラタイプのお部屋はスタンダードカテゴリでも十分広くて落ち着きます。そしてお値段がお手頃なのも嬉しい。ローシーズンなら一泊一万円くらいから泊まれてしまいます。

ちょっと贅沢にお篭りしたいなら、プライベートプール付きのお部屋 (Palm Villa Elite with Private Pool)もおすすめです。Elite カテゴリのお部屋はビーチから一番離れた位置にありますが、その分プライベート感は抜群。新婚旅行なんかにもいいと思います。

Palm Villa Elite with Private Pool

Palm Villa Elite with Private Pool

Palm Villa Elite with Private Pool

私がこちらのリゾートを気に入っているもう一つ理由は、かつて結婚式を挙げたビーチの近くで思い出の場所だから。お隣のホテルまで距離が十分離れているのでビーチもプライベート感があります。

既述の通り、このホテルは18歳以上の大人しか泊まれないアダルトオンリーのホテルです。静かにバカンスを楽しむ大人のゲストしかいないので、客層もとても落ち着いた雰囲気。

また、ホテルのスパはリゾートホテルにしてはリーズナブルなので女子旅にもいいでしょう。

KANDA SPA

最後に、ビヨンドリゾートカオラック のお食事はとても美味しいという点も見逃せないポイント。ディナーは日替わりでいろいろなものを提供しており、ビーチで食べるタイ風BBQ(ムーガタ)だったり、ビュッフェだったり。お食事においてもお値段がリーズナブルなのにどれも美味しいので数日のステイなら外へ食べに行く必要はないくらい。

ジャグジー付きプールもあります

ホテルのアクティビティーなどはないため、じっとしていられないタイプにはお勧めしませんが、私みたいにビーチをぶらぶらしてあとは一日中ゴロゴロダラダラしてられるっていうタイプにはとってもおすすめです。無駄なサービスを省いてうまく管理されているので価格が手頃でハイエンドなラグジュアリーホテルとはまた違った良さがあるホテルです。

ビヨンドリゾートカオラック の関連記事

 

JW MARRIOTT KHAO LAK

このホテルは2010年から泊まってみたいと思っていたホテルで、昨年やっと念願叶って泊まりに行きました。お気に入りで今年も再訪予定です。マリオットカオラックは5つ星ホテルであり、東南アジアで一番長いプールがあるホテルとしても有名。

お部屋は、大人専用ゾーンとファミリー向けゾーンがそれぞれ設けられているので、お子様連れのご家族はもちろん、友達同士やカップルなど様々なタイプのステイにフィットする使い勝手のいいホテルです。

こちらのホテルのビーチもカオラックならではの長く静かなビーチ。近くにリゾートホテルがないのでここのビーチもプライベート感が高いです。

そして、ここのホテルは規模が大きいだけあって、朝食ビュッフェの品数がとにかく豊富で美味しい!

今まで行ったホテルの中でもトップクラスです。

マリオットカオラックは、各種無料アクティビティーも充実しているのでご家族連れに特におすすめ。

関連記事

 

ラマダカオラック

***現在リノベーション中につきこちらのホテルは9月1日まで営業していないようです***

コスパが良くモダンでおしゃれなホテルがラマダカオラック。

飲食店やおみやげ屋さんがあるカオラックの街まで、歩いていける便利な立地のリゾートホテルです。

部屋にはバスタブもあるので、お風呂が好きな日本人には嬉しい。

このホテルは私的にはゆっくり羽を伸ばすというよりも、短期滞在向けにおすすめ。カオラックの街に近いので、外へ出かけて散策するのにはちょうどいいホテルです。が、カオラックの町は小さいのでそんなに見るところもないし、カオラックはゆっくり何もしない贅沢を味わうのが王道の楽しみ方。なのでここへ一、二泊してもう少し中心地から離れたリゾートホテルに移動した方がいいと個人的には思います。

もっと賑やかな街で観光を楽しみたいなら、プーケットへ行く方がいいでしょう。

関連記事

こちらのホテル、上記記事を書いた頃よりレートの関係もあり少し値段が上がったようです。それでもローシーズンであれば、一泊一人当たり5000円くらい(一泊一部屋一万円くらい)の予算で泊まれ、各種設備も揃っているので、誰でも安心して宿泊できるリゾートホテルです。

カオラックおすすめホテルのまとめ

今回は、私のカオラックへの偏愛話から始まりおすすめホテルまでまとめてみましたが、カオラックの何がいいかというと、静かに過ごせてリゾートホテルが他よりもリーズナブルな点です。昔のバーツレートが良かった時と比べるとお得感が薄れてしまったのは仕方がないですが、それでも特にオフシーズン(5月〜10月)はお値段的にも手が届きやすく、気軽に贅沢なリゾートステイが楽しめます。

近くのプーケットの場合、高級リゾートホテルに泊まるといくらタイとはいえ結構お高くつきます。ハイシーズンだと尚更。なのでゆっくり過ごしたい派であればカオラックへプチバカンスはおすすめです。

Mariko
http://marikochan.jp/bangkok-suit/

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply