タイのホテル ホアヒン

インターコンチネンタルホアヒンの朝食

バンコクから車で行けるリゾート地ホアヒンにある、インターコンチネンタルホアヒンリゾート
先日滞在した際の朝ごはんの様子を紹介します。

インターコンチネンタルホアヒン朝食の雰囲気

朝食会場は、一階にあるレストランです。

私は週末に滞在したのですが、朝食会場はとても賑わっていました。
客層は、タイ人のお客さんがほとんどでした。

こういうプールの中に埋まっているスタイルのおしゃれな席も。

席はこのようにオープンエアのスタイルで、この両サイドにビュッフェ台があります。

朝食会場からの眺めはリゾート感満載。

プルメリアの花が植えられた小道の先にはプールがあり、その先にはビーチが。

写真左手に少しだけ写っていますが、小さなお子様向けのコーナーもあり、キッズメニューも用意されていましたのでお子様づれにも良さそうです。

奥にもテーブルがあって、緑溢れるこの中庭の雰囲気も素敵でした。

私が朝食へ向かった時間は混み合っていたので、今回はこの奥の席で朝食を頂きました。

 

インターコンチネンタルホアヒン朝食のタイ料理メニュー

こちらのホテルはタイ人のお客さんが大半を占めているため、朝食ビュッフェにもタイ料理が豊富に並んでいました。
バンコクのホテルは外国人が多いので、お料理の種類が豊富でもタイ料理は数種類しかないところが多いですが、ここは客層に合わせてタイ料理コーナーも広かったです。タイの方はもちろん朝からタイ料理を食べますからね。

タイ料理好きだとこれは嬉しいですね。

タイの麺コーナーやおかゆなど、定番のタイ料理は一通り揃っていました。

こちらはタイの焼き飯に

タイの焼きそば、パッタイ

グリーンカレーに

おかず系もいろいろありました。

こちらはバジル炒め

こちらはタイ料理ではありませんが、点心も置いていました。

今回載せている写真は一部ですが、朝からいろいろなタイ料理を楽しむことができます。

インターコンチネンタルホアヒン朝食洋食コーナー

続いては洋食のコーナー
こじんまりしていますが、ビュッフェ台が細長く続いているので種類もなかなか豊富でした。

まずはエッグステーション

エッグホワイトのオムレツもメニューに載っていてダイエッターやフィットな食事を実践している人にはいいですね。

近くで試合が行われる関係で、こちらのホテルには有名なテニス選手も滞在したりするようで、そういうのも関係しているのかもしれません。

ハニーコムもありました。

こちらは温かいおかずが並んでいるコーナー

朝ごはんの定番ソーセージに

マッシュルームのソテー

カリカリベーコンなどが並んでいました。

更に奥へ進むとサラダやフルーツ、パンなどが並んでいるコーナーがあります。

シリアル、ナッツ、ドライフルーツコーナーに

こちらはサラダコーナー

パンもいろいろな種類がありました。

ハード系のパンはもちろん、ドーナッツやデニッシュなど甘いもの系も

私は今回パン食はべなかったのですが、パンの国からやってきた旦那は美味しいと言っていました。

ジャムはタイらしいココナッツのものなどがビュッフェ台には並んでいました。
これとは別に各テーブルにも小さなジャムの瓶が置いてあります。

続いてこちらはヨーグルト

フルーツコーナー

私の好きなドラゴンフルーツ、甘くて美味しかったです。

他にも定番フルーツのパイナップルやスイカなどが並んでいました。

そして珍しいなと思ったのが、モッツァレラチーズなどが置いてあったこと。
これはイタリア人のシェフがいるからかな。

奥のビュッフェコーナーの壁は鏡になっているので、こじんまりしている割に狭苦しく感じることはなく、ディスプレイもかわいくオシャレ。

写真手前に少し写っていますが、フレッシュジュースもいろいろと置いてありました。

ワッフルやミニパンケーキもありました。

まりこが朝食で食べたもの

実際に私がビュッフェから取ってきたものはこんな感じです。

好きなものを中心に、ワッフル+ヌテラ、目玉焼き+ベーコン、マンゴーヨーグルトにフルーツカクテル、そしてフレッシュジュースとスムージー

そして飲み物はカプチーノをいただきました。
コーヒーも美味しかったです。

各テーブルにはミニサイズのジャムとハニーが置いてあります。

こちらは相方が食べていた、ミニパンケーキ
いつもながら、はちみつをドバドバかけていました。

インターコンチネンタルホアヒン朝食のまとめ

ご予約

事前決済でお得
Agoda で料金チェック

インターコンチネンタルホアヒン Intercontinental Hua Hin

インターコンチネンタルホアヒンの朝ごはんは、タイ人のお客さんが多いということもありタイ料理のメニューが豊富でした。宿泊客の多くが外国人のホテルの場合はタイ料理のメニューって意外に少ないので、これはタイ料理好きだと嬉しいポイントだと思います。

雰囲気も良く、食べ物もどれも美味しいので、リゾートでの一日を気持ちよくスタートさせられるそんな朝食でした。

 

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply