タイのお土産

アイコンサイアムで買えるタイお土産

バンコクのリバーサイドに新しくオープンした商業施設「ICONSIAM(アイコンサイアム)」は、在住者だけでなく観光客にもおすすめのお買い物スッポットです。今回はアイコンサイアムで買えるタイ土産のおすすめ情報を紹介します。

私はアイコンサイアムのオープンを首を長くして待ち望んでいた人物。でも、残念ながらまだ100%オープンとはいかず、楽しみにしていたスーパーとかフィットネスとか諸々はまだ完成していません・・・。そして遅れまくったBTSの伸長工事が、アイコンサイアムのオープンとほぼ同時に本格的に始まったため、ただでさえアイコンサイアムのオープンで道路が混雑しているのに工事で渋滞に拍車がかかっているという…。在住者目線ではアイコンサイアムはオープンしたものの「何だかなぁ」という部分が正直ありますが、そうは言っても最新の商業施設でタイらしさを表現することにもこだわった創りになっているので、特に観光者の人にとってはおすすめのスポットです。

アイコンサイアムへのアクセス方法

アイコンサイアムはチャオプラヤー川沿いのリバーサイドにあります。マンダリンオリエンタルシャングリラペニンシュラなどのリバーサイドのホテルへ宿泊する方は近くてお買い物にもってこいのスポットです。

アイコンサイアムへは、BTSサパンタクシン駅から無料のシャトルボートが、BTSクルントンブリ駅から無料のシャトルバスが出ています。私はBTSクルントンブリ駅からシャトルバスを使うことが多いです。10分おきくらいにバス又はミニバンが来るのでそれほど待たなくても乗れますが、昼過ぎから道が混んでいることが多いので、渋滞している時は歩いた方が早いくらいw  よって、シャトルボートの方が渋滞がないので時間が読みやすいかもしれませんね。

直接タクシーなどの車で向かう際は、午前中なら問題ないと思いますが午後からは道が混むので私はおすすめしません。

では、早速アイコンサイアムでお土産を探すのにおすすめのゾーンを紹介していきます。

アイコンサイアムG階 SOOK SIAM

まず、アイコンサイアムのG階(日本で言う一階)には、タイ各地からいろいろな食べ物や民芸品が集められた SOOK SIAM というゾーンがあります。タイらしさがぎゅっと詰まった内容になっているので観光客の方にはおすすめ。水上マーケットのようにボートの上で食べ物を売っているゾーンもあって見ているだけでもそれなりに楽しめるはず。

フード類は、在住者としてはそれほど興味を惹かれるものはなかったけれど…「道端で売っているタイフードには抵抗がある」っていう人なんかはここで色々食べてみるといいのではないでしょうか。

買ったものはその辺で食べることになるのですが、このフロアは結構混雑しています。でも、中二階みたいなつくりになっているところがあり、そこはあまり人がいないので、買って食べるなら階段登って上へ上がったら少し落ち着いて食べられるのではと思います。

シルク製品や藍染など、なかなか素敵なものが置いてあります。あ、でも値段は別に安くないです。その分品質は良さそうでした。アイコンサイアムはタイで今一番ハイソなデパートであることをお忘れなくw

メインは工芸品などのお店ですが、端の方はその辺のナイトマーケットに出ているような小さな店舗もあり何でもありな感じがタイらしいなと思いました。

ぞうさんも立派です。

こちらシャトルバスが発着する方の出入り口。この辺りにもドライフルーツやらタイボクシングパンツやらお土産グッズが販売されています。

アイコンサイアム4階 Siam Craft

アイコンサイアムと、同施設内にある高島屋をいろいろうろちょろした結果、個人的にはこの4階にあるSiam Craft のコーナーが気に入りました。タイの工芸品を中心としたセンスの良い雑貨類が集まっているゾーンです。

タイ風創作コーヒーが頂ける EUREKA のカフェもこのフロアに入っています。

食器類も洗練されたものが色々置いてあって見ているだけで楽しい。陶器でできたぞうさんの置物とか可愛くて衝動買いしそうになりました。

このワッペン、可愛くないですか?ワッペンと思いきや、磁石になっているので冷蔵庫とかに貼り付けられます。

ポストカードもセンス良くておしゃれ。これも衝動買いしそうになったけど踏みとどまりましたw

そして、食料品コーナーもあります。

乾燥のライスヌードルやお米、調味料など色々あってお土産としても良さそうです。パッケージもおしゃれなものが多いので、ちょっと良いものを探しているという人には特にぴったりだと思います。

ここで我が家がお気に入りの CHALONG BAY のラム酒を発見!

これは私がお酒好きな男性向けのタイお土産としてよく買って帰るのですが、普通のスーパーだとフレーバータイプのものがなかなか売っていないのです。一体どこで買えるのかと思っていたらアイコンサイアムでは全種類揃っていました。こちらプーケットの蒸溜所で作られているラム酒なのですが、レモングラスやカフィアライムなどのタイっぽいフレーバーのものもあるので、お土産におすすめです。(注意:タイではアルコール販売の規制があり 11:00〜14:00, 17:00〜24:00の時間帯しか買えません。)

続いてこちらはコーヒーコーナー

いろいろな本格派のタイ産コーヒーが置いてありました。

こちらはチェンマイで有名な AKHA AMA Coffee 

バンコクで売っているのを私は初めて発見したので嬉しくてお買い上げ。250グラムで300バーツ弱くらいでした。

そのほかにもインテリア系のものやお洋服、カバン、家具など幅広いラインナップです。

まとめ

今回紹介したタイお土産におすすめのコーナーは、アイコンサイアムがハイソ系デパートというのもありどれもお値段はそれなりにします。なので安いお土産を探している人向きではありませんが、タイの思い出として上質なタイ製品を買って帰りたいという人や、センスの良い友人にちょっとこだわりのお土産を渡したいという人にはおすすめです。

【店舗情報】
ICON SIAM
Website:https://www.iconsiam.com/th

関連記事
ICONSIAMのPAULカフェからの景色が素敵で休憩におすすめ

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply