タイのホテル

ヒルトンパタヤのラウンジ

先日、5年近くタイに住んでいるにも関わらず初めてパタヤに行った時に泊まったヒルトンパタヤ。パタヤのホテルと言ったら一番有名どころはヒルトンパタヤですよね。今回はヒルトンパタヤのクラブラウンジの紹介です。

ヒルトンパタヤクラブラウンジの雰囲気

エグゼクティブラウンジは33階にあります。

こちらのラウンジはそれほど大きくはなくコンパクトなつくり。

白を基調としたモダンでシンプルなデザインのラウンジは細長いスペースになっており、奥の方の窓際からはパタヤビーチのシービューを楽しむことができます。バルコニーに出ることもでき、海風を感じながらパタヤらしい風景を堪能できます。

一応ドレスコードがありHot Shorts, slippers, bathrobe, beach wear は不可と書いていましたが、ビーサン半パンみたいな格好のゲストがほとんどでカジュアルな雰囲気です。

今回ちょっと早く着きすぎたので、お部屋がまだ空いていなくて待つことに。そこで、スタッフの方からクラブフロアではないのですが、「下の階のお部屋なら今すぐ案内できますがどうなさいますか?」と案内されました。アップグレードならまだしも、ダウングレードの提案をされたのはタイのこのレベルのホテルでは初めてだったのでちょっとびっくり。「部屋の広さは変りませんので」と言われたものの、部屋のアメニティーは若干違うので部屋の準備ができるまで待つことに。

ヒルトンパタヤはタイで一番稼働率がいいヒルトンホテルだと、ホテル業界関係の方に聞いたことがあるので、結構強気な姿勢なんでしょうかね。でも、結局は早めにチェックアウトしたお客さんがいたため、ラウンジでダラダラコーヒー飲んで景色見ながら写真撮ったりしているうちにきちんと案内してもらえたので運が良かったです。

バルコニーからはパタヤビーチが見渡せてとても気持ちのいい眺め。

ラウンジでは常時ソフトドリンク、コーヒー紅茶をいただけます。また、クッキー・ナッツなどのスナックやキッシュにお寿司が置いてありました。

こういうのついついつまんじゃうんですよね。キッシュはさっくり焼きあがっていて美味しかったし、お寿司もラウンジで食べるものとしてはなかなかでした。

ヒルトンパタヤクラブラウンジのアフタヌーンティータイム

15時~17時はアフタヌーンティータイムでサンドイッチやケーキなどを提供しています。

ケーキ2種類にスコーン、サンドイッチなどがありました。

アフタヌーンティータイムはあまり利用する人がいないのか、結構空いていました。スイーツ類の種類が少なくちょっと物足りなかったものの、景色を見ながらゆっくりお茶できるので、その部分は良かったです。

ヒルトンパタヤのカクテルタイム

イブニングカクテルは17時30〜19:30までです。

この時間帯は満席近くラウンジ内は一番混雑していました。アフタヌーンティーの種類が少なめだったので、カクテルタイムもあんまりフードの種類はないのかなと思っていましたが、意外と種類はありました。

コールドカット類にパン

お寿司やサラダ、揚げ物などがありました。

スイーツもあり、キャラメルナッツのケーキが美味しかったです。

せっかくなのでテラスの席で、だんだん暮れていくパタヤシティーの景色を眺めながら一杯。

今回はこのカクテルタイムで満足してしまったので、上の階のルーフトップへは行かなかったのですが、次回はルーフトップバーの方に行ってみたいなと思いました。

まとめ

ヒルトンパタヤのラウンジはそれほど大きくないものの、景色が良く昼間は人も少なくゆったり過ごすことができました。フード類がもう少し豊富だったら良かったのですが…。ここはラウンジ目当てでというよりも、上のクラスのお部屋を楽しむに当たってラウンジがおまけでついてくるくらいの位置付けかなぁと感じました。

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply