タイ旅行記 バンコク旅行記

タイ最大の花市場 パーククローン市場

タイ最大級の花市場、パーククローンタラートはタイ全土から色とりどりのお花が集まる24時間営業のマーケットです。
卸売だけでなく個人でも買うことができ、活気ある市場を見てまわるだけでお花好きなら楽しめること間違いなし。

パーククローン市場への行き方

近くに船着場があるので、サパンタクシンから出ている船でアクセス可能ですが、私はいつもタクシーで向かいます。
というのも、市場が最も賑わうのは深夜から明け方にかけてなので、私はいつも夜10時位から行くことが多いためタクシーを利用しています。バンコクの中心地からはタクシーで20〜30分くらいの距離です。(100数十バーツ位)
誰でも知っている有名な市場なので、タクシーの運転手さんに「パーククローンタラート」と言えば普通はすぐにわかってくれます。

お花屋さんが軒を連ねるている通りでタクシーを降ります。
以前はもうちょっとたくさんお花を売る露店が道にあったですが、一部撤去されてしまったようで前より通りの活気はなくなってしまったような気がします。

シャッターが閉まっているお店も所々にあったのですが、そうはいってもたくさんのお花やさんが集まっています。

どこのお店もこんな感じでお花が所狭しと並んでいます。

日本ではあまり見かけないようなものもあって、見ているだけで楽しい。

お供え用のお花もたくさん売られています。

そしてお花をせっせと運ぶ忙しそうなお兄さんがたくさんいます。
こちらのお兄さんはお花をたくさん担いで器用にマーケット内を自転車移動

バンコクフラワーマーケット パーククローン市場の様子

お店が密集しているゾーンに足を踏み入れると、狭い通路にずらりとお店が並びます。

業者の方が買い付けに来ている姿を多く目にしますが、地元の人が普通に自宅用のお花を買いに来ているという姿もよく目にします。
外国人観光客の姿もちらほら

お花の部分だけが袋詰めにされてたくさん売られています。

タイではこういうお花に紐を通してプアンマーライ(花数珠)にします。

プアンマーライはお守りに飾ったり、お供えにしたりします。


よくリゾートホテルなんかに到着した時に手渡してくれますよね。

プアンマーライ(花数珠)は道端でもよく売られていて、タイではとっても身近な存在。

紫と緑が大人っぽくて美しいプアンマーライに一目惚れしたのでこの子を連れて帰ることに。

アレンジメント済みのお花を売っているお店もちらほらありますが、このゾーンはバラで売っているお店が多いです。

売っているものはどのお店も似たり寄ったりなのですが、おんなじようなお店がとにかくたーっくさんあります。

女子の憧れ、薔薇の花びらも売っています。

これで薔薇風呂を楽しんだりもできますね〜。

花びらも素敵だけど、小ぶりのお花の部分だけのものも可愛らしい。

こちらはとってもタイらしいオーキッド
タイでは蘭の花が最も生産量が多いようです。

鮮やかな紫色は私の中でタイのイメージそのもの。
いや、タイというかタイ航空のイメージかなw
これ一つたったの8バーツ(25円くらい)!

通路を忙しそうに駆け抜けるお兄さんの邪魔になりながら、チンタラ進んでは立ち止まって写真を撮る私たち。
邪魔してごめんなさいね〜

こちらはお供え用のお花かな

慣れた手つきで次々と仕上げていきます。

ここまで大規模な花市場は世界中でもそう多くないはず。

私は何度も来ていますが、お店で働く方たちの様子を観察しているだけでも毎回興味深く楽しいです。

小さなアレンジメント済みのお花を発見。

私お花は好きだけど、自分じゃうまく生けられないからこういうのがお手軽で助かる。
お花をテーブルに置くだけで食卓が華やかになりますよね。

奥の方には果物が売っているゾーンもありました。


パーククローンタラートには果物や野菜を売っているゾーンもあり、スーパーより安いのでよく買って帰ったりします。

私はこういう色味のお花に特に惹かれる。

普通のピンクよりも紫よりの色が好き

お花って、見ているだけで元気な気持ちになるから不思議

薔薇の花もこんなにたくさんでたったの30バーツ(約100円)

自分でお花のアレンジメントをするのが好きな人にとってはここはきっと天国なんだろうなぁ

お花はどれも一束30〜100バーツくらいで日本と比べると激安です。

ちょうど欲しかったフラワーベースを売っているお店を発見
ここで小ぶりのものを購入

夜は閉まっていますが飲食店もあります。

にしても夜だというのに蒸し暑い

扇風機の風を顔面に直撃させて店番しているおばちゃんの気持ちもわかります。

写真を撮りながらぶらぶらして、気に入ったお花もいくつか買って満足したのでそろそろ帰宅します。

市場のある通りは、11時前後の時間帯はいつもトゥクトゥクやタクシーがたくさん通っているので、帰りのタクシーはいつもすぐに拾えます。

パーククローンタラートで買ったもの

この日、市場で買ったものたちは…

まずはこちら、紫と緑の組み合わせが素敵なプアンマーライ

確か120バーツだったかな。

オーキッド8バーツ+フラワーベース100バーツ

ちっちゃいバラの花一袋100バーツ

これは旦那が欲しがったので購入
お風呂に入れるんだそうですw

テーブルにそのまま置けるアレンジメント済みのお花

青色が可憐なこちらは30バーツ

白に紫がアクセントのこちらは60バーツ

まとめ

バンコクのフラワーマーケットは、私が好きな市場の一つです。
私はお花がすごく好きってタイプではないですが、たまにここへ散歩がてらお花を買いに行くのが好きです。

色鮮やかなお花はとってもフォトジェニックなので、写真を撮るのが好きな人にもオススメのマーケットです。
私は特に夜とお花の雰囲気が何だか幻想的で好きなので、いつも夜に訪れます。

パーククローンタラートはワットポーなどがある場所に近いので、興味があれば足を伸ばしてみてください。

 

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply