カオラック旅行記

ビヨンドリゾートカオラックの朝食

リゾートでの一日を爽やかにスタートさせるには、のんびりと朝食を頂くことに尽きます。先日滞在したカオラックのリゾートホテル「ビヨンドリゾートカオラック ( Beyond Resort Khaolak ) 」での朝食ビュッフェの紹介です。

こちらのホテルの朝食会場は、ロビーとビーチの真ん中辺り、ちょうどスパの建物の向かい側にあります。

私たちが滞在していた Elite Villa からはのんびり歩いて5分くらいだったかな。お部屋から朝食会場までは、朝の爽やかな空気を取り込みながらのちょっとした散歩になって、それもまた非日常を感じられるリゾートでの楽しみだったりします。

朝食会場までの道のりは緑いっぱい

Beyond Resort Khaolak 朝食会場の雰囲気

ご予約

事前決済でお得
Agoda で料金チェック

ビヨンドリゾートカオラック Beyond Resort Khao Lak

朝食会場へと続く通路脇にも可愛らしいお花が咲き乱れていて、通るたびについ足を止めてしまうほど。バンコクだったら道端のお花になんて全く反応できない私が、カオラックにいると素直に反応できてしまう。それだけ心身ともにリラックスできて心にも余裕が生まれているのかな。

朝食の提供時間は朝の7時〜10時までです。

Adult Only のリゾートですので、朝食会場はいつ行ってももちろん静かで落ち着いた雰囲気。こちらのホテルのどこかアットホームな感じと相まって、肩の力を抜いてリラックスしながら食事を頂けます。

9時前後に食べに来るゲストが多かったので、できるだけ空いている時間に行きたいというタイプの人は、8時前後に行くといいでしょう。

それでも座席数は多めに準備されているので、私が滞在中はほぼ満室と聞いていましたが、その割にはピークの時間帯でもゆったり座れました。

これは早目の8時前に行った時の様子

テラス席もたくさんあり、複数箇所に設けられていました。緑いっぱいのガーデンを眺めながらテラスで食べるのもオススメです。

ビュッフェコーナーは縦長に配置されています。

ビヨンドリゾートカオラック朝食ビュッフェの内容

まずこちらはフルーツコーナー

スイカとパイナップルがメインでした。

そしてそのお隣にはサラダコーナーが

こちらはホームメイドのヨーグルト。これ美味しくて毎日食べていました。

フレッシュジュースはジンジャー、アップル、オレンジ、パイナップル、などがありました。

続いてこちらはチーズとハムのコーナー

もちろんエッグステーションもありオムレツなども注文できます。

このスペースに置かれていたフレンチトーストとパンケーキとワッフルが美味しかったのですが、この日は「アレ、ワッフルがない…?」スタッフに聞いてみると、「今日はありません。」と言われてしまいワッフルマニアとしてはちょっと残念でしたが、朝食メニューはどれも美味しかったです。

こちらはパンコーナー

私はワッフルかフレンチトーストかパンケーキばっかり食べてたのでパンは食べなかったのですが、旦那曰くパンも美味しかったとのこと。このほかにもマフィンやデニッシュなど甘い系のものも置いてありました。

しっとり系のミニクロワッサン

ジャムコーナーには私の好物ヌテラもありました。地元メーカーのチョコナッツスプレッドも置いてあってそれも美味しかったです。

その他にはお粥やフライドライス、パッタイなどのタイ料理メニューも数種類あり、定番朝食メニューのベーコンやソーセージ、シリアル類なども一通りありました。

朝食の品数はそれほど多くはないですが、外国人が好むメニューはきちんと揃えられているという印象。

ビュッフェは品数が多いとテンション上がるのは確かですが、私は朝からそんなに食べられないんですよね。だから実はこのくらいの品数が丁度良かったりして、多分ホテル側もそれをよくわかっているのです。このホテルは価格に対してゲストが本当に必要としているものを提供するバランス感覚が素晴らしいなと感じました。

コーヒーはタイのホテルでよく提供されているボンカフェだったよう。普通に美味しかったです。

私がよく食べていた朝ごはんはこんな感じ。

サラダと卵、ベーコンにフレンチトースト

あとはワッフルやパンケーキとか。

もちろんチョコナッツスプレッドをたっぷり塗って〜

旦那がホテル内のおみやげ屋さんで買ってきた人形w

テラス席には、おこぼれを狙った鳥がうろちょろしていました。

食べ物をテーブルに放置して離れてしまうと、それを狙ってやって来ますのでテラス席に座る場合は注意しましょう。周りにはこの鳥が何匹もいて、鳴き声を交わし合って結構組織的に動いていたので観察してると面白かったw

ビヨンドリゾートカオラック朝ごはんのまとめ

ビヨンドリゾートカオラックの朝食は、いつの時間帯に行っても静かに落ち着いた雰囲気で食事ができました。これはやっぱりAdult Only のリゾートだからこそ。

客層は欧米人がほとんどで、皆さん落ち着いた雰囲気の方ばかり。こちらのリゾートは団体客もとっていないそうなので、混雑しがちな朝食会場も騒がしさとは無縁です。スペースも広めに取られており、ゲストにゆったり過ごしてもらおうというホテル側の気遣いが感じられました。

遠目に見えるビーチから波の気配を感じながらテラス席でゆっくり朝食を頂くのがおすすめです。

 

Mariko
http://marikochan.jp/bangkok-suit/

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply