タイ生活

パーソナルトレーニングジムボディークバンコクでの結果

パーソナルトレーニングジムBODIK(ボディーク)での全16回のセッションが先日終了し、これで一区切りのコースが終わりました。
まりこの肉体改造計画は果たして成功したのか?! その気になる結果についてのまとめです。

まず、前回の記事をお読みでない方は、前半戦の様子をこちらの記事でまとめていますのであわせてご覧ください。

 

私がBODIK(ボディーク)に通い始めたのは3月の半ば。間にソンクラン休みや5月の連休があったので、その間旅行に行ったし、ちょっと忙しくて間があいてしまったりするときもあったため、なかなかきっちり週2ペースは守れませんでした。

通常は週2回を2ヶ月で通うところを、私の場合は約3ヶ月ほどかけて全16回のセッションを終えました。通常よりもスローペースで通ったのですが、それでもいろいろな変化を実感しましたので順を追ってまとめていきたいと思います。

 

ボディークのクイックダイエットコースを受けて

まず、全体を振り返ってどういう変化があったのかざっくりまとめると

(前半~中盤)
慣れない糖質制限に初めは戸惑ったものの、一週間くらいでペースをつかんできた。
初めの数回はトレーニング後に激しい筋肉痛が…。でもその後は身体も慣れてきて毎回トレ後は程よい筋肉痛に
無事体脂肪率も下がって早くも効果を実感!

(中盤~後半)
旅行などで食事は多少乱れることも…
でも食べ過ぎた後は食事を調整するようにし、キープすることができた。
食事指導と毎回の数値測定があるので、だれることなくモチベーションを保てた。

(16回コースを終えて)
食事の栄養価を考えながら食べる大切さを実感し食生活が変わった。
食べ過ぎたら調整し運動するという意識も前より高まり習慣として身についた。

最後の部分の習慣として身についたというのがポイントだと思います。
習慣が変わらなければ、せっかくダイエットに成功してもそれを維持することができないですからね。

 

ボディークバンコクのパーソナルトレーニングについて

パーソナルトレーニングはその名の通りトレーナーさんと一対一の完全プライベート。

超人見知りな私は、初めの方は何だか緊張していましたが、皆さんちょうどいい距離感でお話ししてくれるので、すぐに慣れて毎回楽しくトレーニングを続けることができました。

担当トレーナーの方は日によって違いましたが、私は西川トレーナーに担当頂くことが多かったです。

いつも趣味のBBQの話を熱く語ってくれますw
セッション中は終始和やかな雰囲気

柔道で鍛えぬかれた肉体は、男性の憧れの的!

どのトレーナーさんも皆さん謙虚なスポーツマンって感じでいい方ばかりです。

全体を通してトレーニングメニューに大きな変化はなく、全身をまんべんなく鍛えていくメニューをこなしていましたが、どの種目も初期の頃と比べると上達したと思います。初回の頃より1セットの回数が増えたり、重いウエイトでこなせるようになりました。
また、いろいろなトレーニングメニューを行うので、自主トレのときのバリエーションも増えました。

私は主に仕事帰りに通っていたのですが、正直仕事帰りにセッションへ向かう足が重いというか、今日は筋トレする気分じゃないんだけどなぁーってな日もたまにはありました。

が、予約をすっぽかす訳にもいきませんのでそんな日もジムへ向かうのですが、トレーニングが始まってしまえば時間はあっという間に過ぎますし、トレーニング後は何だか気分すっきりで心地よい疲労感と達成感を味わえます。
コレがパーソナルトレーニングを受ける一番いいポイント!

ジムに週二回通うぞ!って決めたとしてもだんだん行かなくなったりしちゃうのあるあるじゃないでしょうか?もしくはジムに行ったことに満足して、よくよく考えると大したトレーニングもせず適当に過ごし、やったつもりになっているとか。
一人で筋トレやっても変化が実感できないとモチベーションもあがらないので、それが続かない理由になっている場合も多いと思います。


そんな人には、やっぱりパーソナルトレーニングがいいなって今回身をもって実感しました。
予約したら行くしかないし、行ったらやるしかない!


しかもパーソナルだとしっかり効いてくる負荷で行うので効果はテキメン


自分一人だと、やる気でないときは軽めにしちゃいますよね。でも、パーソナルならそんな時も全力でやるしかない。自分のやる気がどうとかはもはやどうでもよくって、とりあえず通うだけでいいんです!
更に食事にも気をつけられれば効果は抜群です。

 

ボディーク16回コース終了後の結果発表

それでは、勿体ぶらずに私が16回のコースを受けてどういう変化があったのか? 結果発表です!!

まずは体重変化から

私体重はあまり気にしていません。因みに身長は160センチです。
通い始める前からここ10年くらいずーっと50キロ前後でした。誤差はプラスマイナス2キロ位かな。
そういう意味ではあまり変化はないです。が、体重はそんな重要ではないので惑わされないでください!

注目すべきは体脂肪率筋肉量

 

続いて注目の体脂肪率

通い始める前から自分でマイペースに筋トレしていたおかげか、初回時の体脂肪率はビビッてた割に予想よりは低かったです。
でも、もっとフィットな身体を目指すのであれば、やっぱりもうちょっと絞らないといけない。ということで、人生初の糖質制限を行い、トレーニングとの相乗効果で見事18パーセント代にまでもっていくことができました!

女性は体脂肪率を下げすぎるとよくないので18~19パーセントくらいをこれからもキープしていきたいです。

 

続いて注目その2の筋肉量

ダイエットでただ単に食べる量を減らしただけでは、体重が落ちたとしても実は筋肉量も落ちてしまっていた、というのはよくある失敗パターンです。無理に食事量を減らして運動をせずに痩せようとするダイエットは、筋肉量が減ることによって代謝が悪くなり、逆に太りやすい身体になってしまう可能性があるのでとっても危険。何よりそういう方法で痩せたボディーって全然魅力的じゃない。ただ痩せてるだけで薄っぺらい身体は、女性でも男性でもかっこよくないと私は思います。

私はボディークでのトレーニング+食事指導で、高たんぱく低糖質でバランスの良い食事を心がけるようになった結果、体重を減らすと同時に筋肉量を落とすことなく微増させ、体脂肪を下げることができました!
正に筋トレと食事管理の相乗効果!

そして筋肉が増えるとその分基礎代謝が上がるので、「何もしていなくても消費するカロリーがUPしリバウンドしにくくなる」という、正にいいことだらけなのです。期待通りの結果が残せてで大満足!

あとは参考にBMIとかのデータもあるので貼っておきます。

ということで数値的な結果をまとめると

体重 マイナス2.05キロ

体脂肪率 マイナス4.3%

筋肉量 プラス0.45キロ

見事筋肉量微増でキープしつつ脂肪だけを落とすことに成功しました!
数字で結果がでると達成感があって嬉しい~!!
ま、でも数字は実はどうでもよくって一つの目安でしかありません。
最も大事なのは「見た目」ですよね。

ということで続いてはビフォーアフターです。

 

ボディーク16回コース終了後のビフォーアフター

見た目は劇的に変わったとまではいきませんが、体脂肪が落ちた分全体的に引き締まったと自分でも感じていますし、旦那にも前よりも筋肉がついてかっこよくなったと言ってもらえました。コース最終回のセッション時に撮ったこの記事の写真と前半の記事の写真を見比べてみても、だいぶ引き締まったように見えませんか?

特に後姿は、だいぶすっきりしたように思います。

最終回ではウエストや二の腕や太ももなどのサイズも測定しました。

測るまでは、サイズはそんな変わってないだろうな…とおもってたのですが…

実は、何気にどこもサイズダウンしていました!!

二の腕 マイナス1センチ

ウエスト マイナス2センチ
へそ下においてはマイナス4センチ!!

太もも マイナス2センチ

 

バストについては着ているウェアが違うせいで数値がだいぶ減っていますが、何も着ないで自分で測ったら前からの数値と変わらずです。
ハイ、もともとないです…(涙)

何はともあれ、測定サイズもちゃんと成果が出ていて嬉しい限り!

 

最後に、初回時と最終回の比較写真も撮って頂いたので載せておきます!
服装が違うので変化が分かりにくいですが…
顔の部分はちょっとカモフラージュw

仕事帰りの足のむくみMAXな感じが恥ずかしい…。

 

ボディークに通ってみて思いかけず良かった点

体脂肪率が減って見た目にも引き締まったというのはもちろんですが、通う前は予想していなかったけれども思いがけずこういう部分もよかった!というのがあったので、最後にその点についても紹介したいと思います。

実際に終えてみてよかったなと思うポイントは次の3つです。

 

①何を食べたら自分の身体がどう変化するかを知ることができた

冒頭にも書いたように、私は期間中旅行に行ったりもしたのですが、旅行中は食事のコントロールが難しいので、あまり細かいことは気にせず食事を楽しむようにしていたし、自分の誕生日もあったのでその日もケーキとか好きなものをたべまくってました。なので期間中ずーっとコンスタントに食事をコントロールできていた訳ではありません。先のグラフを見ていただくと数値が結構上下しているのが分かるかと思いますがそれはそういう理由です。でも、そういうのが何度かあったおかげで、どういう食事をすれば自分の身体にどのくらい脂肪がつくのかというのがわかってきたので、とてもいい勉強になりました。

ちょっと食べ過ぎたら身体は正直なのですぐ数値に表れます。でもちょっと食べ過ぎてしまって多少増えても、食事を軽めに高たんぱく低糖質に戻せば一週間くらいで元に戻せるということもわかりました。

これは今後キープしていくためにもとっても役立つ経験になりました。

自分のコンディションにあわせて必要な食事を選べるようになる、これが理想ですよね。
食べるのは大好きだし甘いものも好きなので、適度に好きなものも楽しみつつメリハリをつけて食事する能力が身についたと思います。

(食事制限が大変なイメージはあると思いますが、食事にも気を遣うと効果は倍増します。そりゃそうですよね、日ごろ食べているものが自分の身体をつくっているわけですからその影響は絶大です。)

 

②食事習慣が変わった

私は痩せたいというよりも、もう少し筋肉をつけて引き締まったボディになりたいというのが目的だったので、食事制限は初めの2週間は頑張ってできるだけ糖質制限しましたが、中盤以降は脂肪率も思ったよりすぐさがって目標値を突破したので、それ以降は無理しない程度にゆる糖質制限でした。

とはいうものの、初めの2週間で人生初の本格的な糖質制限をした時に当初の予想よりも難なく過ごせてしまったので、その後も平日はあまり炭水化物は摂取していません。でも週末はあまり制限せずにピザとかスイーツとかも食べちゃってました。また、今日は糖質なんて気にせず好きな食事を楽しむぞ!という時はセッション日にするか、そうでなければ食べる前後に自分でジムで筋トレしたりしていました。ジムに行けない時は、いつもより歩くようにしたり、半身浴したりするようにもしていました。要は食べたらできるだけ動いて消費するというのを心がけました。
今ではすっかり平日は軽目のロカボな食事ですませ、週末はある程度好きなものを食べるというのが習慣になりました。
これには自分でもちょっと驚いています。
というのも、前まではどうしても物足りない気がして、お米や麺やパンなどの炭水化物は私にとって欠かせないものだったので。

私は今まで朝はあまり食欲がなくて、でも朝食抜くのは良くないと思って一応何か口にするようにはしていましたが、食べてもフルーツだけとかかなり軽めにすませていました。そしてお昼ごはんは会社近くだと基本タイ料理の店しかないのでタイ料理を適当に食べ、朝昼を適当に食べている分、夜はしっかり食べたいという気持ちがあったので夕食はがっつり目に食べていました。しかもお米お替りしたり、パスタ大盛りにして食べたり…。つまり、夜たくさん食べるので朝は全くお腹が空かないという悪循環だったのです。

でも、ボディークに通いだして食事指導を受けるようになったのをきっかけに、夜は軽めにチキンとサラダなどで済ませるようになりました。

初めは確かに物足りなく感じたのですが、空腹を我慢しなければならないという訳ではないのですぐに慣れていきました。どうしてもお腹が空いて仕方がない時は無理に我慢せず、抵糖質の卵やチキンを追加で食べてもOKなのでそれほどストレスにはなりませんでした。
このように夜は軽めに糖質をできるだけ控える食事にするようになってからは、朝お腹が空くようになったのです。
今では、夜は軽目で朝しっかり食べるという理想の形に近づいてきています。

また、平日のお昼ご飯についても9割位はお弁当持を参するようになりました。
実は前から糖質たっぷりのタイ料理を食べた後は、激しい眠気に襲われて午後の仕事が辛かったのですが、高たんぱく低糖質のお弁当を持参するようになってからは、午後からの眠気もずいぶん軽減され、仕事の効率もUPするようになったからです。
私デスクワークでPCとにらめっこしているので眠いとホント辛いんです。

*** Ready to eat 🥚👍🏼 * バンコクのコンビニ🏪 まだまだ日本には敵わないものの、筋トレ女子に嬉しいものが売っている〜🐓 Ready to Eat の袋入り葉物サラダに、このコンビニで買ったチキンとゆで卵で超手抜きサラダ弁当完成〜🥗加工食品はあまり良くないのは分かっているけど、ちゃんと自炊で準備できない時は助かる✨出来る範囲でコツコツ継続❣️ #cp#readytoeat#protein#dutchmill#proteinshake#bodik#タイ#バンコク#筋トレ女子#ボディーク#ボディークバンコク#ロカボ#ダイエット#糖質制限ダイエット#糖質制限#ゆる糖質制限#プロテイン#プロテインシェイク#チキン#卵#ゆで卵#ランチ

A post shared by MARIKO (@marikochanbkk) on

ボディークがきっかけで、お弁当を持っていく習慣がついたので、ただ単にダイエットというよりも仕事の効率UPのためにも今後もできるだけお弁当は持参しようと思っています。

 

③食事の準備が簡単で時間節約

糖質制限だと食べられるものが限られてくるので、食事の準備が大変だろうなぁっていうイメージありませんか?
私も勝手な先入観でそう思っていたのですが、実はその逆だったんです。これは実際にやってみて思いがけず良かった点です。
糖質制限でいつでも食べられるものはお肉、魚介類、葉物野菜、きのこ、海藻類など。

麺料理やお米料理って出来たてで食べた方がおいしいメニューが多いですけど、上記のようなものって案外冷蔵庫保存で作り置きできるものが多いんです。

作りおきしなくっても、糖質制限だと必然的にシンプルな味付けになるので、焼くだけ、炒めるだけで十分。料理の手間は全くかからずさっと作って後片付けも簡単!家事の負担も減りました。

私の基本メニューは葉物のサラダと肉類の組み合わせ。卵も良く食べます。
サラダはお皿に載せるだけだし、お肉も基本は焼くだけなので簡単ヘルシー。
余裕があればキノコソテーや、野菜たっぷりのお味噌汁を作ったりもします。

お弁当も同じような感じで、サラダとチキンとゆで卵などの組み合わせが多いです。
私ボディークに通う前も、今まで何度かお弁当を持参しようと試みたことがあったのですが、なかなか継続できなかったんですよね~
というのも、朝早く起きて作るのがどうしても辛い。今までの私だと、炭水化物がないとどうしても物足りないと思っていたので、お弁当といえば「お米」だったのですが、米入れるのって案外手間なんですよね。特にうちは毎日お米を炊かない。冷凍したお米を使うにしても、レンジで温めなおしてからお弁当箱に詰めて、冷ましてからもっていくというのが地味に時間がかかるんです。
お米がないと全部前日の夜に準備して冷蔵庫にいれておけば朝はもっていくだけですし朝の負担がないから続けられています。

 

まとめ

パーソナルトレーニングって初めて受けるのには結構勇気がいりますよね。

私も今まで興味はあったものの、なかなか踏み出せないでいたのですが、実際に経験してみた今は「もっと早くやっていればよかった」と思っています。というのも私、今まで自己流筋トレ歴は3年以上。ゆるゆるマイペースだったせいもありますが、大きな変化は実感できず。
でも、このたった3ヶ月で自分の中ではいろいろと変化を感じることができ、「今までやってたあの時間は何だったんだー」って感じ。
無駄だったとは言いませんが、やっぱりプロの手にかかるとこんなにも効果が違うんだなぁと身をもって実感したのです。

筋肉がついて前よりも理想の体形にに近づいたというのはもちろん良かった点ですが、それは当然というか想定内の結果。私にとってはその結果よりも、今後も習慣としてずっと生かしていけるような経験をすることができて勉強になったというのが一番の収穫であり、これは予想していなかった部分。イメージしていたよりもずっとたくさん得るものがありました。

ダイエットやボディーメイキングって一過性のものではなく終わりがないですからね。
身体のコンディションは流動的です。
自分の身体と向き合うことって一生続いていく訳です。
たとえ今が自分至上最高ボディーだと思ったとしても、その状態がずっと続くわけではありません。トレーニングを止めてしまうと筋肉は落ちてしまうし、バランスの悪い糖質まみれの食事をつづけているとそれは体にも現れてきます。
日ごろ食べているものが自分の身体をつくっているわけですから特に食事についてはその影響は絶大。
だから継続することが大事。継続するには、自然と無理なく生活に取り入れられるようにする。
つまり、いかに習慣化するかがポイント

私はボディークに通ったこの3ヶ月間で、前よりもフィットな生活習慣を身につけることが出来たと思います。
これからも、この身につけた習慣をこつこつ続けていきたいです。

ということで、ボディメイキングについてはまだ道半ばではありますが、私の肉体改造計画はひとまず大成功!!

ボディークでのパーソナルトレーニングに興味がある方はまずはお試し無料体験へ

 

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply