タイ生活

バンコクで買えるプロテイン プロテイン女子のすすめ

タイでも特にバンコクでは健康に気を遣う人が多くなってきているので、そういった人たちをターゲットにした高プロテイン配合を売りにした食品がどんどん発売されていますよね。今回は筋トレのお供に欠かせないプロテイン、バンコクで買えるプロテインと私のプロテイン活用法についてです。

皆さんは日頃、タンパク質をしっかり摂れていますか?
実は食事を3食しっかり食べていても、日本人の多くがたんぱく質不足なのだそう。
タイ料理も日本料理も、だいたい普通は米か麺になってしまうので高炭水化物、低タンパク質になってしまいがち。安価で気軽に手に入る食べ物のほとんどは炭水化物か糖質まみれです…。

そしてタンパク質が不足していると、人間は甘いものやジャンクフードを食べたくなってしまうのだそう!恐ろしいっ!!

私のプロテインとの出会い

私のプロテイン歴はかれこれ6年くらい。

私が初めてプロテインなるものを認識したのは、万年ダイエッターの旦那がトレーニング後にプロテインを飲み始めた時です。初めは「何やら怪しい粉を飲んでいるな」と横目で見ていました。

でもそのうち、私も旦那と一緒にジムへ通い始めることになり、「トレーニングの後はまりこも飲んだ方がいいよ」と旦那に勧められ、筋トレ後はプロテインを飲むようになりました。

飲み始めた当初は言われるがまま、「筋肉つけるのにいいなら飲んでみるか」という程度の気持ちだったのですが、そのうち自分でも筋トレと栄養素について調べていくうちに、タンパク質の大切さを理解していきました。

そしてタイに来てからは、ボディークでパーソナルトレーニングを受け、人生初の糖質制限に挑戦しました。この経験で、自分の身体と栄養素の関係を改めて見直すきっかけになりました。

今となっては、タンパク質が足りていないなと感じる日は、トレーニングの日でなくてもプロテインを飲んでタンパク質を補給しています。私にとってプロテインは、サプリメント的な存在です。

痩せたいならまずはタンパク質を食べるべき

「私今日からダイエットするから炭水化物抜く!」とか言う人は私の周りでもよくいます。じゃあ何を食べるのかと聞くと、野菜だと答える。『ダイエット=野菜をたくさん食べる=ヘルシー』みたいな刷り込みが激しい人が多いです(私も昔はそうだったw)が、偏った栄養では健康的に痩せることは不可能です。

では、健康的に痩せるにはどういう食事をすればいいのか?

一番大事なのは、言うまでもなくバランスの良い食事です。
そしてタンパク質をしっかり摂ること。

タンパク質が不足していると、人は無駄に食べ過ぎて摂取カロリーを増やし続けるという研究結果があります。オックスフォード大が発表した「プロテインレバレッジ仮説」というもので、タンパク質が不足した状態では、身体が本能的に「もっと食べなければ」という欲求を起こしてしまうのだそう。恐ろしいですね。

プロテインレバレッジ仮説の他にも、身体と栄養素には様々な関係がありますが、食べ過ぎてしまう人のほとんどは、身体が必要としている栄養素(タンパク質、ビタミン、ミネラル等)が不足しているからなのだそうです。

私はボディークでの経験で、タンパク質の大切さを改めて実感してからは、お米や麺類、パンなどをメインで食べることが少なくなりました。炭水化物は美味しいし大好きなので、もちろん適度に食べています。いや、食べ過ぎることももちろんあります。でも、普段の食生活ではタンパク質が多く含まれている食材を優先的に摂るように心がけて、残りを炭水化物で埋めていくといった感じにしています。

今までは、例えば家で和食を自炊して食べる時はお米ありきで食事を考えていました。でも、今は高タンパクのおかずのボリュームを増やしてサラダなどの食物繊維をたっぷり食べ、食べ足りない時だけ少しお米を食べるというような風にしています。

バンコクでプロテインが買える場所

では、プロテインを買おうとするとバンコクではどこで手に入るのか?というと、実はドラッグストアやスーパー、コンビニなど結構あちこちで売っています。

中でも品揃えがよく便利な場所にあるのが、BTSの駅構内にある Nutrition Depot というサプリメントショップ。
アソーク駅、サラデーン駅、チョンノンシー駅などの構内にお店があります。
駅構内ではないですが、セントラルラマ9の下の階にもお店ができていました。
気軽に立ち寄れる便利なお店なので、なんだかんだで私が一番よく利用しているお店。

このお店はサプリメントなどもいろいろ置いているので、わが家はプロテインだけでなくサプリメントも購入したりしています。抵糖質のおやつ、クエストバーもちょくちょく買いに行っています。

名前と電話番号を登録するとメンバーカードが作れて、メンバー向けに割引プロモーションをしている時もあります。

日本にいた頃はアメリカからの個人輸入でネットで買っていたのですが、タイだとすぐに関税かけられて高いし、しかも関税かかったら郵便局まで払いにいかないと荷物を受け取れないという超面倒なシステムのため、今はタイ国内で購入しています。

バンコクのスーパーで買えるプロテイン

Villa Marketやパラゴンやエムクオなどの外国人向けのスーパーでもプロテインを売っています。
こういう小袋になっているものは旅行に持っていく用とかに便利なので旅行用にたまに買います。

Love this stuff! #bobsredmill #oregonborn #proteinforthewin

A post shared by Tasha Sweet (@sweettashamarie) on

Bobs Red Mill のプロテインはパラゴンやエムクオなどのグルメマーケットのスーパーで売っています。
一袋1115バーツと割高ですが、なんだか身体に優しそうな感じなので女子ウケはいいかと。私もこういうの大好きです。パッケージがオシャレでかわいいコレ大事。でも味は素朴な感じで美味しくはない。だから滅多に買いませんが…。
高タンパクのお菓子作りなんかには良さそうです。

そして最近はバンコクでもスーパーやコンビニでボトル入りですぐ飲めるプロテインドリンクを売っています。新商品も次々に登場していますね。私がよく買うのは次の2種類。

まずはこの明治のプロテイン Low Sugerタイプのもの。

お値段が一番安いし置いているコンビニも多いので手に入りやすいです。
が、ちょっと量が多いのでお腹がタプタプになるのが難点。でも、お昼ご飯食べそびれた時なんかにはこれ飲むと満腹感あるしちょうどいいです。

そして、二つ目は 「Better Shake」

私はボトルタイプのプロテインで味的にはコレが一番好きです。値段は明治のより少し割高です。
でも量が多すぎず飲みきりやすいです。

こないだエムクオのスーパーうろうろしていたら、こういうボトルタイプのプロテインドリンクの品揃えが豊富になっていました。Pea Proteinのものがあったりとかバリエーションが増えるの私としては嬉しい。

その時気になって購入したこのプロテインウォーター

プロテイン自体は20グラムと少なめですがフルーティーなウォーターベースで飲みやすく気に入りました。
明治や Better Shake などのミルクベースのものはちょっとお腹に重いし糖質も割と入っているのですがこれは糖質もほとんど入っていません。味はもちろんケミカルな感じは否めませんが私はアリだと思ったのでまたリピしたいと思います。

バンコクで買えるオススメのプロテイン

私が一番よく買う何度もリピしているプロテインが「オプチマムゴールドスタンダード」というこちら

いろいろ他のものを試しては結局コレに戻って来るという感じです。

何が一番いいって、少なめの水でも溶けやすくて味も飲みやすい点。これに尽きます。
栄養価的にも低糖質で一杯24グラムのプロテインが摂取でき優秀。

ブロテインって溶けにくいのはシェイカーの底にかたまりで張り付いたりしてむっちゃイラっとするんですよね。このプロテインはストレスフリーです。
私はプロテインをスムージーに入れたりおやつ作りに使ったりもするので、一番アレンジしやすいバニラフレーバーが好きです。

タイのメーカーが出しているプロテインもいろいろ試しましたが、未だ気に入る物には出会っていません。
若干値段は安くても、妙に甘ったるい上に溶けにくいのが多いイメージ。
これはコスパがいい!というタイのプロテインご存知の方は是非教えてください。

 

まとめ

健康志向がどんどん高まっているバンコクのプロテイン事情は日々進化しています。
筋トレしてるという人はもちろんですが、特にトレーニングしていなくっても、タンパク質が足りてないなという人はサプリメント的にプロテインを取り入れてみてはどうでしょうか。

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply