タイのホテル バンコク旅行記

ウェスティングランデスクンビットバンコク

観光客に人気のバンコクスのクンビットエリアにありBTSアソーク駅からも近く、更にお買い物スポット「ターミナル21」のお隣という好立地のウェスティングランデスクンビットホテル。
今回はこちらのホテルの紹介です。

ウェスティングランデスクンビットバンコクへの行き方

こちらのホテルはBTSアソーク駅から徒歩数分の場所にあります。
駅の改札は、②⑤番出口の看板が出ている方向から出ましょう。

夜撮ったので閉まってますがタイティーのお店 ChaTraMue が改札出てすぐにあります。

すぐ近くなので、右前方にホテルが見えます。

改札を出てからスカイウォークを道なりに進み

この階段を下るともうホテルです。

駅直結ではないですが、至近距離ですのでとっても便利な場所にあります。

お隣にはショッピングモールのターミナル21があり、ホテルの低層階部分はロビンソンデパートが入っています。
更に、ロビンソンの地下には24時間営業しているスーパーマーケットTopsまであります。

ウェスティングランデスクンビットホテルの一階にはチェックインカウンターがありません。
ここはわりとこじんまりしていて、右手の方に待ち合わせスペース的に椅子が少し置いてあるくらい。

チェックインはエレベーターで7階まで上がります。
上の階に上がって、すぐ前方にはバーとレストランがあり、チェックインカウンターはエレベータの左後ろの方向にあります。

ここは広々としたスペースになっています。

サクッとチェックインを済ませて、お部屋へ移動します。
こちらのホテルは日本人に人気で、日本人のお客さんをたくさん目にしました。
受付に日本語スピーカーのスタッフがいましたので英語やタイ語がダメな人でも安心。

ウェスティンエグゼクティブクラブルームのお部屋紹介

今回泊まったのは、ウェスティンエグゼクティブクラブルームで、クラブラウンジの利用が可能です。
(ウェスティン・クラブラウンジについての詳細はこちらの記事をご覧ください。)

まずお部屋に入るとこんな感じです。

余計な装飾などはなくスッキリシンプルにまとめられたインテリアは観光でもビジネスでもどんなタイプの滞在にもマッチすると思います。
広さは42㎡と他カテゴリのお部屋デラックスルームなどと同じ広さです。
スッキリしたインテリアのせいもあってか、とっても広く感じました。
スーツケースも難なく広げられます。

お部屋には3種類のウェルカムフルーツがありました。

ルームサービスのメニューもチェックしましたが、ヘルシー志向を意識したものが充実していました。

テレビは壁に取り付けられているタイプなのでスッキリしています。

こちらのホテル、ベットのマットレスは「ヘブンリーベッド」を採用しています。
程よい硬さと弾力で寝心地バッチリ、ぐっすり安眠できました。

そしてベットサイドにはこんなものが。

こちらラベンダーのオイルバームで、枕元に置いてありました。
こういうちょっとしたサービス嬉しいですよね。
枕やこめかみにいっぱい塗りたくって、いい匂いを堪能しながら眠りにつきました。

ベットサイドには電話と、電気まわりのコントローラーがありました。
タッチパネル式で分かりやすいのが良かったです。

ホテルの電気って、いろんなとこにライトがあっていつも「あれっ!?この電気のスイッチはどれ?」ってなるタイプなのでこういうのは有難い。

続いて、冷蔵庫の中身をチェック
ビールにコーラやペリエも入っていました。

冷蔵庫の上の棚にはスナック類と、お隣にはご丁寧にこんなものまで準備されています。

そして嬉しいことにネスプレッソのマシンがありました!プレミアムデラックス以上のお部屋にあるそうです。
デカフェは置いてなかったですが、3種類のカプセルがありました。

お部屋で美味しいコーヒーが飲めるのは嬉し〜い。

クローゼットの中にはバスローブやふかふかのスリッパ、アイロンなどが完備されています。
ちなみにクラブルームに宿泊すると無料のランドリーまたはプレスサービス(1日につき衣類2着)が受けられます。

こちらはセキュリティーボックス

続いてバスルームをチェック

グリーンタイルが優しい色味のバスルームにはバスタブがあり

反対側にシャワーブースが別であります。

使い捨てアメニティーは一般的なものが一通り揃っていました。

シャンプーやボディーソープなどはこのWestin White Tea シリーズのものでした。使い心地もまずます。

そうそう、お部屋のドライヤーがやたらと重厚感あるもので珍しかったです。
気になったのでググってみるとスイス製のプロの美容師さんが使うほどの本格モデルのよう。
ちょとドライヤーの重量が重めだけども乾きが早くて良かったです。

お部屋の窓からはBTSの線路が見えて見晴らしが良かったです。
Times Squareビルの隣って今は更地になってるんですね。

さて、お部屋のチェックを一通り終えたのでジムにでも行って筋トレすることにしました。
そしてこちらのホテル、嬉しいことにフィットネスウェアの貸し出しを行っていました!
確か150バーツだったかな。

せっかくなので試しに借りてみました。
電話でリクエストすると係りのお兄さんが部屋まで持ってきてくれました。(写真の背景荒れててすいません・・・w)

ニューバランスのシューズと、上下のウェアと、靴下は新品のものが入っています。
ウェアもなかなかクールだし、これはいいですね。
ジムの靴ってかさばるから極力持って行きたくないし、ジムの服も帰ってから洗濯物増えるの嫌だから借りられると便利〜。
バンコクのホテルってかっこいいジムを完備していても、ウェアの貸し出ししていないところが多いので、これは筋トレ女子的には高ポイント!

着替えて早速ジムへ向かいます。
お部屋の前の廊下に飾られているお花も美しい。珍しく廊下にもフルーツが置いていました。

こちらが8階にあるフィットネスジムです。

広々とまではいかないものの、筋トレやカーディオするには十分の設備。

マシンは上半身を鍛えるものが種類豊富で私的にはちょっとマニアックなチョイスな気がしましたが、一通りなんでも揃っています。

バランスボールしたりヨガしたりするお部屋もあります。

係りのお兄さんが待機しているので、マシンの椅子がうまく調整できないなんて時もささっとヘルプしてくれます。

そして、ジムと同じ階にはプールもあります。
プールはそれほど大きいサイズではないですが、ちょっとまったりするのにはいいスペース。

が、こちらのホテルでは定期的にプールパーティーが開催されており、私が滞在した時の土曜日もプールパーティーでとっても賑わっていました。
私はパーティーガールじゃないので参加せずに筋トレしてましたが…  興味がある人はプールパーティーもいいかと。

Last time was awesome, time to repeat: Saturday, September 16! Save the date! 🔥🔥🔥

A post shared by The Westin Grande Sukhumvit (@westinbangkok) on

プールでまったりしたい派なのに、ちょうどプールパーティー開催日程に当たってしまった!なんて場合は、ここのホテルのプールでまったりはできませんが、代わりに近隣ホテルのプールを利用できるように手配してもらえるそうです。

 

まとめ

ウェスティングランデスクンビットバンコクは、便利な立地で観光にもビジネスにも安心して利用できるおすすめホテルです。
最先端のモダンな雰囲気もいいですが、こちらのホテルのように万人受けする王道ベーシックなインテリアのホテルは落ち着くし、安定感があります。ベーシックながらもきちんと高級感も感じさせてくれるのはさすがウェスティンホテルだなぁと感じました。

 

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply