タイのホテル

ウェスティングランデスクンビットバンコクの朝食

BTSアソーク駅に近く便利な立地で日本人観光客にも人気のウェスティングランデスクンビットホテル
こちらのホテルの朝食ビュッフェの紹介です。

朝食会場は受付と同じフロア、7階の Seasonal Tastes というところです。
今回は Long & LAZY Saturday Breakfast なるものをやっていて、土曜日の朝食は6時〜午後2時半まで提供していました。
昼過ぎまでやっているなら、金曜日に夜更かししてホテルの朝ごはんを食べそびれたなんていうこともなさそうですね。

せっかくなので LAZY に寝坊して、11時過ぎに朝食会場へ向かいました。
お客さんはちらほらいるくらいで空いていたので静かで遅めに行って正解だったかな。

ウェスティングランデスクンビットバンコクの朝食メニュー

まずは入り口付近にフルーツコーナーがありました。
ここで好きなフルーツでフレッシュフルーツジュースを作ってもらうこともできます。
ウィートグラスがディスプレイされていたのでてっきり飲めると思ったのですが、ないと言われてちょっとがっかり。

気を取り直して、ビュッフェにある別のジュースコーナーで色々なジュースを楽しみました。

ジュースコーナーのお隣には甘いモノ系が並んでいて

可愛くデコレーションされたドーナツや

パウンドケーキ、デニッシュ類などが

こういうミニケーキも数種類ありました。

こちらはダッチスタイルのワッフルなのだそう。これは期間限定の特別メニューでした。

コールドストーン風のアイスコーナーもありました。

続いてサラダコーナーに

そのお隣にはチーズコーナーが。

ハム、サーモンなどもコンパクトでしたが一通りありました。

シリアルコーナーには6種類のシリアルがありました。

続いてパンコーナー

パンは10種類以上ありなかなか充実していました。
食感はパサついてたけど、グルテンフリーのパンも置いていました。

ジャムコーナーのジャムも、どれも美味しかったです。

そのお隣にはミニクロワッサンと

卵料理などが並んでいました。

エッグヴェネディクトに

メレンゲに卵が乗った珍しい一品も

定番のタイの麺コーナーもありました。

中華は飲茶とおかゆがありました。

こちらは屋台でよく見かける串焼き

インド料理もありました。

タイの焼きそばみたいなものに

こちらは肉料理

白身魚とソーセージ

チキンとソーセージ

定番のベーコンもエッグステーションの前にありました。ベーコン好きなのでカリカリとソフトの2種類は嬉しい。

そして和食コーナーもありました。
巻き寿司、納豆に、お漬物類が数種類、でもなぜかお味噌汁はなかったな…。

ちゃんと良い炊飯器を使ってお米を炊いていました。

お隣にはブロッコリーの炒め物に

鯖の煮物と右はキムチ味のおかず

そしてグリーンカレー

そういえば、ジャスミンライスは置いていなかったような…?

 

さて、偵察を終えたので実食に移ります。
まずはフレッシュジュースをいろいろ飲み比べて

一皿目にサラダとフルーツ、そしてクロワッサンとエッグヴェネディクトをとりました。

スイーツ男子の旦那は、しょっぱなからジャムをべったり塗りたくったパンケーキとワッフルを楽しんでおりましたw

でも、このダッチスタイルのワッフルは好みじゃなかったらしく、ワッフルはやっぱりベルギーのが好きだとかぼやいてました。
私も味見したけど、ミルク風味のダッチスタイルワッフル、私は好きでした。

コーヒーはよくビュッフェで出てくるコーヒーという感じでいたって普通。

続いて二皿目は、目玉焼きとおはようポテト(我が家ではハッシュドポテト=おはようポテトと呼びますw)とキノコのソテー
目玉焼きは小さいフライパンに入っているのが可愛くてついとっちゃいました。

そんな中、スイーツ男子の旦那はコールドストーン風のアイスを楽しんでおりました。
ピーナッツバターとキャラメルソースとホワイトチョコを入れてもらったらしい。

私はというと、珍しく日本食コーナーのものを食べました。
納豆とお漬物に、鯖の煮物と野菜が足りないのでブロッコリーのソテーを。

お米が美味しかったし、鯖もちょっと味が濃かったけど普通に美味しかったです。

その後もだらだらと居座り、LAZY Breakfast をのんびりと満喫しました。

ウェスティングランデスクンビットバンコク朝食のまとめ

ウェスティングランデスクンビットの朝食は、種類もなかなかの品揃えでお料理も普通に美味しかったです。
これといって特徴はないのですが、それが幅広い世代や用途に対応しておりビジネス、観光などいろいろなタイプの滞在者が快適に利用できると思います。全体的なクオリティーやサービスには安定感があり良かったです。

Mariko

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply